しりとり向け「よから始まる言葉」一覧

しりとり向けの「よから始まる言葉」を一覧にまとめました。しりとり用に「最後に “ん” 」が付く言葉に、色を付けてあります。

スポンサーリンク

よから始まる言葉の一覧

よ|1文字

よ|よ
世|よ
代|よ
夜|よ
予|よ
余|よ

よ|2文字

よい|よい
宵|よい
酔い|よい
余威|よい
よう|よう
酔う|よう
幼|よう
曜|よう
様|よう
洋|よう
用|よう
葉|よう
要|よう
陽|よう
癰|よう
予価|よか
予科|よか
余暇|よか
ヨガ|よが
予期|よき
夜着|よぎ
余儀|よぎ
余技|よぎ
よく|よく
欲|よく
浴|よく
翌|よく
翼|よく
横|よこ
予後|よご
よし|よし
由|よし
余事|よじ
よす|よす
寄席|よせ
よそ|よそ
与太|よた
予知|よち
余地|よち
よつ|よつ
四つ|よつ
よど|よど
淀|よど
よな|よな
よの|よの
余波|よは
予備|よび
呼ぶ|よぶ
黄泉|よみ
読み|よみ
詠む|よむ
読む|よむ
嫁|よめ
夜目|よめ
よも|よも
世世|よよ
代代|よよ
より|より
よる|よる
因る|よる
寄る|よる
夜|よる
夜わ|よわ
余話|よわ
よん|よ

よ|3文字

夜明け|よあけ
与圧|よあつ
宵寝|よいね
余韻|よい
容易|ようい
用意|ようい
八日|ようか
妖花|ようか
洋貨|ようか
養家|ようか
洋画|ようが
陽画|ようが
妖気|ようき
容器|ようき
揚棄|ようき
陽気|ようき
容儀|ようぎ
容疑|ようぎ
用具|ようぐ
要具|ようぐ
擁護|ようご
洋語|ようご
用語|ようご
養護|ようご
容姿|ようし
洋紙|ようし
用紙|ようし
要旨|ようし
陽子|ようし
養子|ようし
夭死|ようし
ようじ|ようじ
幼児|ようじ
幼時|ようじ
用事|ようじ
用字|ようじ
様子|ようす
要図|ようず
要素|ようそ
沃素|ようそ
夜討ち|ようち
幼稚|ようち
用地|ようち
要地|ようち
用途|ようと
用度|ようど
妖美|ようび
曜日|ようび
妖婦|ようふ
用布|ようふ
要布|ようふ
養父|ようふ
腰部|ようぶ
洋舞|ようぶ
養母|ようぼ
妖魔|ようま
洋間|ようま
用務|ようむ
要務|ようむ
養鯉|ようり
要路|ようろ
余蘊|よう
余栄|よえい
余殃|よおう
ヨーク|よおく
ヨード|よおど
予覚|よかく
余角|よかく
与格|よかく
夜風|よかぜ
余割|よかつ
予感|よか
余寒|よか
夜霧|よぎり
よぎる|よぎる
預金|よき
欲気|よくけ
浴後|よくご
抑止|よくし
よくぞ|よくぞ
沃地|よくち
沃土|よくど
欲目|よくめ
よくも|よくも
沃野|よくや
余慶|よけい
余計|よけい
よける|よける
予見|よけ
与件|よけ
予言|よげ
余弦|よげ
予稿|よこう
予行|よこう
余光|よこう
横木|よこぎ
予告|よこく
横地|よこじ
よこす|よこす
汚す|よごす
横手|よこて
横手|よこで
夜ごと|よごと
横目|よこめ
汚れ|よごれ
余罪|よざい
余財|よざい
夜寒|よさむ
予算|よさ
よしず|よしず
余日|よじつ
よしみ|よしみ
よしや|よしや
よじる|よじる
よじれ|よじれ
予審|よし
予診|よし
予震|よし
余震|よし
余人|よじ
余燼|よじ
よすが|よすが
世過ぎ|よすぎ
四隅|よすみ
余勢|よせい
余生|よせい
余席|よせき
寄せ木|よせぎ
余接|よせつ
余説|よせつ
寄せ手|よせて
寄せる|よせる
予選|よせ
よそう|よそう
予想|よそう
予測|よそく
四十路|よそじ
よそ見|よそみ
よそ目|よそめ
夜空|よぞら
よそる|よそる
夜たか|よたか
余沢|よたく
預託|よたく
夜立ち|よだち
よたり|よたり
四人|よたり
よだれ|よだれ
予断|よだ
余談|よだ
四日|よっか
翼下|よっか
よつき|よつき
世継ぎ|よつぎ
四つ|よっつ
よって|よって
ヨット|よっと
四つ身|よつみ
夜露|よつゆ
夜釣り|よづり
予定|よてい
余滴|よてき
夜盗|よとう
与党|よとう
夜とぎ|よとぎ
余得|よとく
余徳|よとく
よどみ|よどみ
よどむ|よどむ
夜中|よなか
夜長|よなが
夜泣き|よなき
夜なべ|よなべ
世慣れ|よなれ
夜逃げ|よにげ
世にも|よにも
米酢|よねず
余熱|よねつ
四年|よね
余念|よね
余の儀|よのぎ
余輩|よはい
余白|よはく
ヨハネ|よはね
夜番|よば
呼び子|よびこ
呼び名|よびな
呼び値|よびね
予備費|よびひ
呼び屋|よびや
夜更け|よふけ
呼ぶ子|よぶこ
余憤|よふ
余分|よぶ
余聞|よぶ
余弊|よへい
予報|よほう
予防|よぼう
輿望|よぼう
よほど|よほど
黄泉路|よみじ
夜店|よみせ
夜道|よみち
読み手|よみて
読みで|よみで
夜宮|よみや
余命|よめい
嫁御|よめご
嫁菜|よめな
読める|よめる
よもぎ|よもぎ
よもや|よもや
予約|よやく
余裕|よゆう
よよと|よよと
与力|よりき
寄り値|よりね
寄る辺|よるべ
予鈴|よれい
よれる|よれる
よろい|よろい
余録|よろく
よろし|よろし
よろず|よろず
輿論|よろ
よわい|よわい
弱い|よわい
齢|よわい
弱気|よわき
弱音|よわね
弱火|よわび
弱み|よわみ
弱る|よわる
四駆|よんく

よ|4文字

夜明かし|よあかし
夜遊び|よあそび
夜歩き|よあるき
宵越し|よいごし
酔い覚め|よいざめ
よいしょ|よいしょ
酔い止め|よいどめ
酔いどれ|よいどれ
宵宮|よいみや
宵やみ|よいやみ
溶暗|ようあ
養育|よういく
要員|ようい
要因|ようい
妖雲|ようう
揺曳|ようえい
溶液|ようえき
妖艶|ようえ
拗音|ようお
妖怪|ようかい
容喙|ようかい
洋灰|ようかい
溶解|ようかい
要害|ようがい
洋学|ようがく
洋楽|ようがく
洋傘|ようがさ
洋菓子|ようがし
ようかん|ようか
腰間|ようか
洋館|ようか
容顔|ようが
溶岩|ようが
用器画|ようきが
楊貴妃|ようきひ
幼魚|ようぎょ
養魚|ようぎょ
洋琴|ようき
用金|ようき
洋銀|ようぎ
幼君|ようく
養鶏|ようけい
要撃|ようげき
要訣|ようけつ
洋犬|ようけ
用件|ようけ
要件|ようけ
揚言|ようげ
用言|ようげ
洋行|ようこう
要港|ようこう
要綱|ようこう
要項|ようこう
陽光|ようこう
陽刻|ようこく
ようこそ|ようこそ
洋菜|ようさい
洋裁|ようさい
要塞|ようさい
溶剤|ようざい
用材|ようざい
養蚕|ようさ
様式|ようしき
洋式|ようしき
幼児語|ようじご
洋室|ようしつ
溶質|ようしつ
容赦|ようしゃ
用捨|ようしゃ
幼主|ようしゅ
洋種|ようしゅ
洋酒|ようしゅ
洋書|ようしょ
要所|ようしょ
幼女|ようじょ
妖女|ようじょ
養女|ようじょ
養親|ようし
痒疹|ようし
用心|ようじ
要人|ようじ
用水|ようすい
羊水|ようすい
用済み|ようずみ
幼生|ようせい
妖精|ようせい
要請|ようせい
陽性|ようせい
養成|ようせい
夭逝|ようせい
容積|ようせき
溶接|ようせつ
要説|ようせつ
夭折|ようせつ
用船|ようせ
用箋|ようせ
杳然|ようぜ
様相|ようそう
洋装|ようそう
養鱒|ようそ
容体|ようたい
容態|ようたい
様態|ようたい
要諦|ようたい
容体|ようだい
容態|ようだい
用足し|ようたし
用達|ようたつ
用立つ|ようだつ
用談|ようだ
要談|ようだ
養畜|ようちく
腰椎|ようつい
腰痛|ようつう
幼帝|ようてい
要諦|ようてい
要点|ようて
陽転|ようて
幼童|ようどう
陽徳|ようとく
洋とじ|ようとじ
養豚|ようと
洋なし|ようなし
用なし|ようなし
要なし|ようなし
傭人|ように
容認|ように
用人|ように
幼年|ようね
遥拝|ようはい
溶媒|ようばい
洋髪|ようはつ
羊皮紙|ようひし
用筆|ようひつ
洋品|ようひ
用品|ようひ
洋風|ようふう
洋服|ようふく
養父母|ようふぼ
養分|ようぶ
傭兵|ようへい
用兵|ようへい
葉柄|ようへい
曜変|ようへ
窯変|ようへ
用便|ようべ
用法|ようほう
養蜂|ようほう
容貌|ようぼう
要望|ようぼう
洋本|ようほ
羊膜|ようまく
養鰻|ようま
用向き|ようむき
溶明|ようめい
用命|ようめい
葉面|ようめ
羊毛|ようもう
要目|ようもく
ようやく|ようやく
要約|ようやく
溶融|ようゆう
ようよう|ようよう
揚揚|ようよう
洋洋|ようよう
要用|ようよう
瓔珞|ようらく
揺籃|ようら
要覧|ようら
揚陸|ようりく
擁立|ようりつ
用例|ようれい
陽暦|ようれき
養老|ようろう
要録|ようろく
ヨーデル|よおでる
ヨーヨー|よおよお
夜がらす|よがらす
よからぬ|よからぬ
予科練|よかれ
夜汽車|よぎしゃ
余儀ない|よぎない
余興|よきょう
翌朝|よくあさ
抑圧|よくあつ
抑鬱|よくうつ
欲かき|よくかき
翌月|よくげつ
翼賛|よくさ
浴室|よくしつ
翌日|よくじつ
欲心|よくし
抑制|よくせい
浴槽|よくそう
欲得|よくとく
翌年|よくとし
よくない|よくない
よくなる|よくなる
よく似た|よくにた
欲念|よくね
翌年|よくね
欲張り|よくばり
欲張る|よくばる
翌晩|よくば
欲深|よくふか
欲望|よくぼう
抑揚|よくよう
浴用|よくよう
よくよく|よくよく
横合い|よこあい
横穴|よこあな
横糸|よこいと
横顔|よこがお
横書き|よこがき
横風|よこかぜ
横切る|よこぎる
横組み|よこぐみ
横雲|よこぐも
横罫|よこけい
横坑|よここう
横軸|よこじく
よこしま|よこしま
横じま|よこじま
横好き|よこずき
横線|よこせ
横抱き|よこだき
横付け|よこづけ
横綱|よこづな
横面|よこつら
横とじ|よことじ
横取り|よこどり
横長|よこなが
横波|よこなみ
横ばい|よこばい
横幅|よこはば
横腹|よこばら
横笛|よこぶえ
横降り|よこぶり
横棒|よこぼう
横道|よこみち
横向き|よこむき
横文字|よこもじ
横やり|よこやり
横揺れ|よこゆれ
汚れた|よごれた
汚れる|よごれる
夜桜|よざくら
よさそう|よさそう
よしあし|よしあし
四次元|よじげ
よしごい|よしごい
由ない|よしない
よしなに|よしなに
予習|よしゅう
余臭|よしゅう
余剰|よじょう
余情|よじょう
余色|よしょく
よじれた|よじれた
よじれる|よじれる
よしんば|よしんば
夜すがら|よすがら
良過ぎる|よすぎる
寄せ植え|よせうえ
寄せ書き|よせがき
寄せ切れ|よせぎれ
寄せ来る|よせくる
寄せ算|よせざ
寄せなべ|よせなべ
寄せ棟|よせむね
よそ行き|よそいき
装い|よそおい
装う|よそおう
よそ聞き|よそぎき
よそ事|よそごと
よそ者|よそもの
よそ行き|よそゆき
与太者|よたもの
よたよた|よたよた
予兆|よちょう
よちよち|よちよち
浴客|よっかく
四つ角|よつかど
四つ仮名|よつがな
四つ切り|よつぎり
よったり|よったり
四人|よったり
四つつじ|よつつじ
よっぴて|よっぴて
よっぽど|よっぽど
予定日|よていび
夜通し|よどおし
よどんだ|よどんだ
世直し|よなおし
ヨナ抜き|よなぬき
夜な夜な|よなよな
世慣れた|よなれた
世慣れる|よなれる
世に立つ|よにたつ
世に出る|よにでる
世の常|よのつね
世の中|よのなか
夜話|よばなし
呼び売り|よびうり
予備役|よびえき
呼び掛け|よびかけ
予備校|よびこう
呼び声|よびごえ
呼び込む|よびこむ
呼び捨て|よびすて
呼び出し|よびだし
呼び出す|よびだす
夜一夜|よひとよ
予備品|よびひ
呼び水|よびみず
呼び物|よびもの
余病|よびょう
呼び鈴|よびり
夜更かし|よふかし
よぼよぼ|よぼよぼ
夜祭り|よまつり
夜回り|よまわり
読み替え|よみかえ
読み書き|よみかき
読みかけ|よみかけ
読み方|よみかた
読み仮名|よみがな
読み切り|よみきり
読み切る|よみきる
読み癖|よみくせ
詠み込む|よみこむ
読み込む|よみこむ
読みさし|よみさし
読みさす|よみさす
読み解く|よみとく
読み取る|よみとる
詠み人|よみびと
読み札|よみふだ
読み振り|よみぶり
読み本|よみほ
読み物|よみもの
嫁入り|よめいり
嫁入る|よめいる
嫁女|よめじょ
嫁っ子|よめっこ
嫁取り|よめとり
夜も日も|よもひも
よもやま|よもやま
余裕で|よゆうで
寄り合い|よりあい
寄り合う|よりあう
より糸|よりいと
寄り切り|よりきり
寄り切る|よりきる
寄り来る|よりくる
寄り添う|よりそう
より出す|よりだす
寄り付き|よりつき
寄り付く|よりつく
より取り|よりどり
より抜き|よりぬき
より抜く|よりぬく
寄り道|よりみち
余力|よりょく
よりより|よりより
夜型|よるがた
夜昼|よるひる
よれよれ|よれよれ
よろい戸|よろいど
よろける|よろける
喜び|よろこび
喜ぶ|よろこぶ
よろしい|よろしい
よろしく|よろしく
よろず屋|よろずや
よろめき|よろめき
よろめく|よろめく
よろよろ|よろよろ
弱腰|よわごし
世渡り|よわたり
弱まる|よわまる
弱虫|よわむし
弱める|よわめる
弱り目|よわりめ
世を去る|よをさる
四千|よんせ
四万|よんま
四輪|よんり

よ|5文字

夜明け前|よあけまえ
酔い心地|よいごこち
酔い覚まし|よいざまし
酔いしれる|よいしれる
宵っ張り|よいっぱり
酔いつぶす|よいつぶす
宵の口|よいのくち
宵祭り|よいまつり
よういどん|よういど
溶解度|ようかいど
八日月|ようかづき
洋楽器|ようがっき
洋がらし|ようがらし
容疑者|ようぎしゃ
楊弓|ようきゅう
洋弓|ようきゅう
要求|ようきゅう
容共|ようきょう
窯業|ようぎょう
謡曲|ようきょく
陽極|ようきょく
溶鉱炉|ようこうろ
ようじうお|ようじうお
様式美|ようしきび
用尺|ようしゃく
幼弱|ようじゃく
妖術|ようじゅつ
陽春|ようしゅ
幼少|ようしょう
要衝|ようしょう
洋上|ようじょう
葉状|ようじょう
養生|ようじょう
容色|ようしょく
洋食|ようしょく
要職|ようしょく
養殖|ようしょく
養親子|ようしんし
用水路|ようすいろ
洋数字|ようすうじ
要するに|ようするに
用立てる|ようだてる
洋だんす|ようだんす
用だんす|ようだんす
幼稚園|ようちえ
幼虫|ようちゅう
幼鳥|ようちょう
羊腸|ようちょう
窈窕|ようちょう
膺懲|ようちょう
陽電気|ようでんき
杳として|ようとして
用に立つ|ようにたつ
洋ばさみ|ようばさみ
洋品屋|ようひんや
洋服屋|ようふくや
葉脈|ようみゃく
幼名|ようみょう
用務員|ようむい
要略|ようりゃく
楊柳|ようりゅう
容量|ようりょう
用量|ようりょう
要領|ようりょう
揚力|ようりょく
用を足す|ようをたす
ヨーク付け|よおくづけ
ヨーグルト|よおぐると
ヨーロッパ|よおろっぱ
世が世なら|よがよなら
翌春|よくしゅ
欲情|よくじょう
浴場|よくじょう
翌朝|よくちょう
翌年度|よくねんど
欲のない|よくのない
欲深い|よくふかい
抑留|よくりゅう
預言者|よげんしゃ
予告編|よこくへ
横滑り|よこすべり
横座り|よこずわり
横たえる|よこたえる
横倒し|よこだおし
横たわる|よこたわる
横丁|よこちょう
横町|よこちょう
横っ面|よこっつら
横っ跳び|よこっとび
横っ腹|よこっぱら
横流し|よこながし
横流れ|よこながれ
横殴り|よこなぐり
横並び|よこならび
横になる|よこになる
横にらみ|よこにらみ
汚れ物|よごれもの
汚れ役|よごれやく
横恋慕|よこれんぼ
よしず張り|よしずばり
吉野杉|よしのすぎ
よじ登る|よじのぼる
よしわるし|よしわるし
世捨て人|よすてびと
寄せ集め|よせあつめ
寄せ掛ける|よせかける
寄せ太鼓|よせだいこ
寄せ付ける|よせつける
予餞会|よせんかい
予想外|よそうがい
よそながら|よそながら
よそに見る|よそにみる
与太話|よたばなし
預貯金|よちょき
寄っ掛かる|よっかかる
欲求|よっきゅう
四つ相撲|よつずもう
四つ手網|よつであみ
四つに組む|よつにくむ
酔っ払い|よっぱらい
酔っ払う|よっぱらう
四つ目垣|よつめがき
四つんばい|よつんばい
よとう虫|よとうむし
よどみなく|よどみなく
夜鳴きそば|よなきそば
世に背く|よにそむく
世のためし|よのためし
世の習い|よのならい
よばい星|よばいぼし
夜働き|よばたらき
呼び上げる|よびあげる
呼び入れる|よびいれる
呼び起こす|よびおこす
呼び返す|よびかえす
呼び掛ける|よびかける
呼び交わす|よびかわす
呼び覚ます|よびさます
呼び立てる|よびたてる
予備知識|よびちしき
呼び付ける|よびつける
呼び止める|よびとめる
呼び慣らす|よびならす
呼び慣れる|よびなれる
呼びにくい|よびにくい
呼び戻す|よびもどす
呼び寄せる|よびよせる
よぶこ鳥|よぶこどり
予防線|よぼうせ
世まい言|よまいごと
読み上げる|よみあげる
読みあさる|よみあさる
読み合わせ|よみあわせ
読み終える|よみおえる
読み落とす|よみおとす
読み返し|よみかえし
読み返す|よみかえす
読み替える|よみかえる
よみがえる|よみがえる
読みかける|よみかける
読み下し|よみくだし
読み下す|よみくだす
読みごたえ|よみごたえ
読みこなす|よみこなす
読み過ごす|よみすごす
読み捨てる|よみすてる
読み通す|よみとおす
読み飛ばす|よみとばす
読み直し|よみなおし
読み直す|よみなおす
読み流す|よみながす
読み慣れる|よみなれる
黄泉の国|よみのくに
読みふける|よみふける
読み破る|よみやぶる
嫁いびり|よめいびり
嫁に行く|よめにゆく
夜もすがら|よもすがら
より合わせ|よりあわせ
寄り掛かる|よりかかる
より好み|よりごのみ
寄りすがる|よりすがる
よりすぐる|よりすぐる
寄り倒し|よりたおし
寄り倒す|よりたおす
よりどころ|よりどころ
よりによる|よりによる
より分ける|よりわける
よろい板|よろいいた
喜ばす|よろこばす
喜んで|よろこんで
よろしゅう|よろしゅう
弱り切る|よわりきる
世を挙げて|よをあげて
世を忍ぶ|よをしのぶ
世を捨てる|よをすてる
世を渡る|よをわたる
四十|よんじゅう
四百|よんひゃく

よ|6文字

好い子になる|よいこになる
酔いつぶれる|よいつぶれる
よいまち草|よいまちぐさ
ようござんす|ようござんす
養護施設|ようごしせつ
用語集|ようごしゅう
容赦なく|ようしゃなく
洋食器|ようしょっき
用心棒|ようじんぼう
用水池|ようすいいけ
容積率|ようせきりつ
洋装本|ようそうぼ
要注意|ようちゅうい
洋品店|ようひんて
洋服掛け|ようふくかけ
陽明学|ようめいがく
養毛剤|ようもうざい
葉緑素|ようりょくそ
溶連菌|ようれんき
養老院|ようろうい
ヨードチンキ|よおどちんき
ヨードホルム|よおどほるむ
欲得ずく|よくとくずく
欲目で見る|よくめでみる
翌翌日|よくよくじつ
欲を言えば|よくをいえば
横一線|よこいっせ
横手を打つ|よこでをうつ
与謝野晶子|よさのあきこ
四畳半|よじょうは
寄せ集める|よせあつめる
寄せ合わせる|よせあわせる
余勢を駆る|よせいをかる
寄せ木細工|よせぎざいく
寄席芸人|よせげいに
予想が付く|よそうがつく
予想どおり|よそうどおり
よそよそしい|よそよそしい
よだれが出る|よだれがでる
与太を飛ばす|よたをとばす
四日五日|よっかいつか
よってもって|よってもって
四つに渡る|よつにわたる
予定どおり|よていどおり
予定表|よていひょう
世に聞こえた|よにきこえた
世に知られた|よにしられた
世にもまれな|よにもまれな
余念がない|よねんがない
呼び集める|よびあつめる
予備校生|よびこうせい
呼び続ける|よびつづける
予防医学|よぼういがく
読み上げ算|よみあげざ
読み誤り|よみあやまり
読み誤る|よみあやまる
読み合わせる|よみあわせる
読みが深い|よみがふかい
読み聞かせる|よみきかせる
読み損なう|よみそこなう
読み違える|よみちがえる
読み始める|よみはじめる
嫁をもらう|よめをもらう
寄り集まり|よりあつまり
寄り集まる|よりあつまる
より合わせる|よりあわせる
よりが戻る|よりがもどる
よりによって|よりによって
よりを掛ける|よりをかける
よりを戻す|よりをもどす
夜のとばり|よるのとばり
喜ばしい|よろこばしい
喜ばせる|よろこばせる
弱弱しい|よわよわしい
弱り果てる|よわりはてる
夜を徹して|よをてっして
世を逃れる|よをのがれる
夜を日に継ぐ|よをひにつぐ
四輪車|よんりんしゃ

よ|7文字

宵やみの月|よいやみのつき
用意万端|よういばんた
溶岩ドーム|ようがんどおむ
溶岩流|ようがんりゅう
洋行帰り|ようこうがえり
養護学校|ようごがっこう
養子縁組み|ようしえんぐみ
養生訓|ようじょうく
用心深い|ようじんぶかい
羊頭狗肉|ようとうくにく
洋服だんす|ようふくだんす
葉緑体|ようりょくたい
養老保険|ようろうほけ
ヨーロッパ人|よおろっぱじ
よかれあしかれ|よかれあしかれ
余儀なくされる|よぎなくされる
よく言ったもの|よくいったもの
抑鬱症|よくうつしょう
横紙破り|よこがみやぶり
横の関係|よこのかんけい
横目を使う|よこめをつかう
吉田兼好|よしだけんこう
吉野作造|よしのさくぞう
寄せ棟造り|よせむねづくり
余喘を保つ|よぜんをたもつ
よだれを垂らす|よだれをたらす
よだれを流す|よだれをながす
四段活用|よだんかつよう
寄ってたかって|よってたかって
夜鳴きうぐいす|よなきうぐいす
夜の目も寝ずに|よのめもねずに
予備教育|よびきょういく
予防接種|よぼうせっしゅ
詠み人知らず|よみびとしらず
より取り見取り|よりどりみどり
寄ると触ると|よるとさわると
喜び勇む|よろこびいさむ
よんどころない|よんどころない
四分の一|よんぶんのいち

よ|8文字

用意周到|よういしゅうとう
養護学級|ようごがっきゅう
要点をつかむ|ようてんをつかむ
陽動作戦|ようどうさくせ
要領のよい|ようりょうのよい
欲の皮が張る|よくのかわがはる
欲も得もない|よくもとくもない
横紙を破る|よこがみをやぶる
横車を押す|よこぐるまをおす
横倒しになる|よこだおしになる
横やりを入れる|よこやりをいれる
吉田松陰|よしだしょうい
よしみを通じる|よしみをつうじる
欲求不満|よっきゅうふま
四つんばいになる|よつんばいになる
夜も日も明けない|よもひもあけない
寄り合い所帯|よりあいじょたい
弱みに付け込む|よわみにつけこむ
四大文明|よんだいぶんめい

よ|9文字

宵の明星|よいのみょうじょう
様相論理学|ようそうろんりがく
要点を押さえる|ようてんをおさえる
羊毛工業|ようもうこうぎょう
要領の悪い|ようりょうのわるい
余計な世話を焼く|よけいなせわをやく
余裕綽綽|よゆうしゃくしゃく
弱り目にたたり目|よわりめにたたりめ
四輪駆動車|よんりんくどうしゃ

よ|10文字

欲の皮が突っ張る|よくのかわがつっぱる
よろしゅうございます|よろしゅうございます

よ|13文字

横の物を縦にもしない|よこのものをたてにもしない

タイトルとURLをコピーしました