しりとり向け「しから始まる言葉」一覧

しりとり向けの「しから始まる言葉」を一覧にまとめました。しりとり用に「最後に “ん” 」が付く言葉に、色を付けてあります。

スポンサーリンク

しから始まる言葉の一覧

し|1文字

梓|し
刺|し
史|し
四|し
士|し
市|し
師|し
死|し
氏|し
私|し
糸|し
視|し
詞|し
詩|し
誌|し
資|し

し|2文字

C|しい
しい|しい
四囲|しい
思惟|しい
私意|しい
恣意|しい
紫衣|しえ
塩|しお
潮|しお
しか|しか
史家|しか
市価|しか
糸価|しか
紙価|しか
賜暇|しか
歯科|しか
歯牙|しが
四季|しき
士気|しき
指揮|しき
死期|しき
私記|しき
紙器|しき
式|しき
しぎ|しぎ
市議|しぎ
試技|しぎ
しく|しく
如く|しく
敷く|しく
しけ|しけ
四股|しこ
四顧|しこ
四五|しご
死後|しご
死語|しご
私語|しご
詩語|しご
示唆|しさ
視座|しざ
史詩|しし
嗣子|しし
四肢|しし
市史|しし
志士|しし
孜孜|しし
死屍|しし
獅子|しし
私史|しし
詩史|しし
四時|しじ
師事|しじ
指事|しじ
指示|しじ
支持|しじ
私事|しじ
しず|しず
しそ|しそ
始祖|しそ
下|した
舌|した
しだ|しだ
死地|しち
七|しち
質|しち
失|しつ
室|しつ
質|しつ
シテ|して
仕手|して
使徒|しと
使途|しと
史都|しと
死都|しと
示度|しど
しな|しな
品|しな
死に|しに
死ぬ|しぬ
しの|しの
しば|しば
死馬|しば
柴|しば
芝|しば
私費|しひ
詩碑|しひ
鴟尾|しび
師父|しふ
詩賦|しふ
市部|しぶ
支部|しぶ
渋|しぶ
しべ|しべ
しぼ|しぼ
思慕|しぼ
しま|しま
死魔|しま
島|しま
しみ|しみ
しめ|しめ
締め|しめ
下|しも
霜|しも
斜|しゃ
社|しゃ
紗|しゃ
視野|しや
主|しゅ
朱|しゅ
種|しゅ
酒|しゅ
首|しゅ
銖|しゅ
初|しょ
所|しょ
暑|しょ
緒|しょ
署|しょ
書|しょ
諸|しょ
しり|しり
私利|しり
汁|しる
知る|しる
城|しろ
白|しろ
しわ|しわ
信|し
審|し
心|し
新|し
晋|し
真|し
秦|し
臣|し
芯|し
親|し
清|し

し|3文字

試合|しあい
至悪|しあく
仕上げ|しあげ
指圧|しあつ
シア|しあ
思案|しあ
私案|しあ
試案|しあ
詩歌|しいか
飼育|しいく
シーツ|しいつ
強いて|しいて
シート|しいと
シード|しいど
しいら|しいら
しいる|しいる
シール|しいる
強いる|しいる
仕入れ|しいれ
シー|しい
子音|しい
死因|しい
私印|しい
試飲|しい
仕打ち|しうち
紫雲|しう
シェア|しぇあ
市営|しえい
私営|しえい
使役|しえき
私益|しえき
シェフ|しぇふ
支援|しえ
私怨|しえ
紫煙|しえ
試演|しえ
仕置き|しおき
塩気|しおけ
潮気|しおけ
潮路|しおじ
しおで|しおで
潮干|しおひ
潮目|しおめ
しおり|しおり
しおん|しお
四恩|しお
子音|しお
師恩|しお
歯音|しお
シガー|しがあ
司会|しかい
四海|しかい
市会|しかい
斯界|しかい
視界|しかい
歯科医|しかい
市外|しがい
市街|しがい
死骸|しがい
しかく|しかく
刺客|しかく
四角|しかく
死角|しかく
視覚|しかく
視角|しかく
資格|しかく
史学|しがく
志学|しがく
私学|しがく
詩学|しがく
歯学|しがく
仕かけ|しかけ
仕掛け|しかけ
しかし|しかし
しかず|しかず
如かず|しかず
仕方|しかた
しがち|しがち
死活|しかつ
四月|しがつ
しかと|しかと
しかも|しかも
しかり|しかり
しかる|しかる
仕官|しか
史観|しか
士官|しか
師管|しか
弛緩|しか
此岸|しが
志願|しが
敷居|しきい
色紙|しきし
式辞|しきじ
仕着せ|しきせ
色素|しきそ
敷地|しきち
しきび|しきび
敷布|しきふ
色魔|しきま
しきみ|しきみ
死去|しきょ
仕切り|しきり
仕切る|しきる
至近|しき
資金|しき
賜金|しき
しぎん|しぎ
市銀|しぎ
詩吟|しぎ
仕草|しぐさ
試掘|しくつ
仕組み|しくみ
仕組む|しくむ
時雨|しぐれ
市警|しけい
支系|しけい
死刑|しけい
私刑|しけい
紙型|しけい
詩型|しけい
詩形|しけい
至芸|しげい
刺激|しげき
史劇|しげき
詩劇|しげき
しげく|しげく
しけた|しけた
止血|しけつ
茂み|しげみ
しける|しける
茂る|しげる
私権|しけ
私見|しけ
試験|しけ
至言|しげ
資源|しげ
伺候|しこう
志向|しこう
思考|しこう
指向|しこう
施工|しこう
施行|しこう
私行|しこう
至孝|しこう
至高|しこう
詩稿|しこう
試行|しこう
歯垢|しこう
嗜好|しこう
諡号|しごう
しごき|しごき
四国|しこく
しごく|しごく
至極|しごく
仕事|しごと
しこ名|しこな
仕込み|しこみ
仕込む|しこむ
しこめ|しこめ
醜女|しこめ
しこり|しこり
しこる|しこる
私恨|しこ
紫紺|しこ
歯根|しこ
司祭|しさい
子細|しさい
詩才|しさい
死罪|しざい
私財|しざい
資材|しざい
思索|しさく
施策|しさく
詩作|しさく
試作|しさく
しさす|しさす
し止す|しさす
刺殺|しさつ
視察|しさつ
しさる|しさる
四散|しさ
私産|しさ
試算|しさ
資産|しさ
賜餐|しさ
死産|しざ
獅子吼|ししく
指示語|しじご
獅子座|ししざ
私室|ししつ
紙質|ししつ
脂質|ししつ
資質|ししつ
史実|しじつ
しじま|しじま
しじみ|しじみ
使者|ししゃ
支社|ししゃ
死者|ししゃ
試写|ししゃ
試射|ししゃ
死守|ししゅ
詩趣|ししゅ
司書|ししょ
史書|ししょ
四書|ししょ
支所|ししょ
支署|ししょ
私署|ししょ
詩書|ししょ
子女|しじょ
使臣|しし
始審|しし
指針|しし
私信|しし
私心|しし
至心|しし
視診|しし
詩神|しし
士人|しじ
私人|しじ
詩人|しじ
止水|しすい
歯髄|しずい
指数|しすう
紙数|しすう
静か|しずか
滴|しずく
沈み|しずみ
沈む|しずむ
沈め|しずめ
鎮め|しずめ
四聖|しせい
四声|しせい
姿勢|しせい
市井|しせい
市制|しせい
市勢|しせい
市政|しせい
施政|しせい
死生|しせい
私製|しせい
至誠|しせい
詩聖|しせい
試製|しせい
資性|しせい
史籍|しせき
史跡|しせき
歯石|しせき
咫尺|しせき
使節|しせつ
施設|しせつ
私設|しせつ
私説|しせつ
四千|しせ
支線|しせ
死線|しせ
私撰|しせ
視線|しせ
詩仙|しせ
至善|しぜ
自然|しぜ
使嗾|しそう
師僧|しそう
志操|しそう
思想|しそう
死相|しそう
詩藻|しそう
歯槽|しそう
死蔵|しぞう
私蔵|しぞう
四則|しそく
子息|しそく
士族|しぞく
氏族|しぞく
士卒|しそつ
子孫|しそ
姿態|したい
支隊|したい
死体|したい
肢体|したい
四大|しだい
市大|しだい
私大|しだい
紙代|しだい
至大|しだい
誌代|しだい
歯大|しだい
次第|しだい
慕う|したう
下絵|したえ
下着|したぎ
仕度|したく
支度|したく
私宅|したく
しだく|しだく
下地|したじ
仕出し|しだし
下図|したず
し出す|しだす
下手|したて
仕立て|したて
下手|したで
下煮|したに
下値|したね
下火|したび
下見|したみ
下目|しため
したり|したり
しだれ|しだれ
紫檀|した
師団|しだ
指弾|しだ
詩壇|しだ
七味|しちみ
質屋|しちや
失意|しつい
私通|しつう
歯痛|しつう
しっか|しっか
失火|しっか
膝下|しっか
湿気|しっき
漆器|しっき
質疑|しつぎ
シック|しっく
疾駆|しっく
湿気|しっけ
しつけ|しつけ
仕付け|しつけ
嫉視|しっし
執事|しつじ
質素|しっそ
叱咤|しった
失地|しっち
湿地|しっち
嫉妬|しっと
湿度|しつど
櫛比|しっぴ
失費|しっぴ
湿布|しっぷ
しっぽ|しっぽ
執務|しつむ
使丁|してい
子弟|してい
師弟|してい
指定|してい
私邸|してい
指摘|してき
私的|してき
詩的|してき
私鉄|してつ
始点|して
支店|して
支点|して
視点|して
史伝|しで
市電|しで
紫電|しで
死闘|しとう
私党|しとう
私闘|しとう
至当|しとう
士道|しどう
始動|しどう
市道|しどう
師道|しどう
指導|しどう
斯道|しどう
私道|しどう
私徳|しとく
死毒|しどく
試読|しどく
しとど|しとど
しとね|しとね
しとみ|しとみ
しとる|しとる
湿る|しとる
市内|しない
竹刀|しない
しなう|しなう
死なす|しなす
指南|しな
至難|しな
シニア|しにあ
しにせ|しにせ
老舗|しにせ
死に身|しにみ
死に目|しにめ
死人|しに
シネマ|しねま
思念|しね
しのぎ|しのぎ
しのぐ|しのぐ
忍び|しのび
しのぶ|しのぶ
忍ぶ|しのぶ
支配|しはい
紙背|しはい
賜杯|しはい
芝居|しばい
しばし|しばし
市バス|しばす
始発|しはつ
芝生|しばふ
縛り|しばり
縛る|しばる
四半|しは
市販|しは
師範|しは
死斑|しは
紫斑|しは
示範|しは
シビア|しびあ
試筆|しひつ
死人|しびと
しびれ|しびれ
し瓶|しび
渋い|しぶい
詩風|しふう
しぶき|しぶき
私服|しふく
私腹|しふく
紙幅|しふく
至福|しふく
雌伏|しふく
しぶく|しぶく
渋さ|しぶさ
死物|しぶつ
私物|しぶつ
シフト|しふと
渋み|しぶみ
渋る|しぶる
私憤|しふ
士分|しぶ
死文|しぶ
詩文|しぶ
私兵|しへい
紙幣|しへい
死別|しべつ
四辺|しへ
紙片|しへ
詩編|しへ
思弁|しべ
支弁|しべ
至便|しべ
司法|しほう
四方|しほう
私法|しほう
至宝|しほう
子房|しぼう
志望|しぼう
死亡|しぼう
脂肪|しぼう
死没|しぼつ
しぼむ|しぼむ
絞り|しぼり
搾り|しぼり
絞る|しぼる
搾る|しぼる
資本|しほ
しまい|しまい
姉妹|しまい
しまう|しまう
島田|しまだ
始末|しまつ
しま目|しまめ
締まり|しまり
しまる|しまる
絞まる|しまる
締まる|しまる
閉まる|しまる
四万|しま
清水|しみず
染みる|しみる
士民|しみ
市民|しみ
嗜眠|しみ
仕向け|しむけ
使命|しめい
指名|しめい
死命|しめい
氏名|しめい
示し|しめし
湿し|しめし
しめじ|しめじ
示す|しめす
湿す|しめす
しめた|しめた
死滅|しめつ
締めて|しめて
湿り|しめり
しめる|しめる
絞める|しめる
湿る|しめる
占める|しめる
締める|しめる
閉める|しめる
四面|しめ
紙面|しめ
誌面|しめ
下期|しもき
下座|しもざ
下手|しもて
僕|しもべ
霜夜|しもよ
指紋|しも
試問|しも
諮問|しも
謝意|しゃい
社歌|しゃか
釈迦|しゃか
しゃが|しゃが
社旗|しゃき
勺|しゃく
尺|しゃく
杓|しゃく
酌|しゃく
癪|しゃく
笏|しゃく
試薬|しやく
社家|しゃけ
しゃこ|しゃこ
車庫|しゃこ
斜視|しゃし
社司|しゃし
社史|しゃし
奢侈|しゃし
写字|しゃじ
社寺|しゃじ
謝辞|しゃじ
しゃち|しゃち
シャツ|しゃつ
赭土|しゃど
車馬|しゃば
娑婆|しゃば
舎費|しゃひ
社費|しゃひ
車夫|しゃふ
社保|しゃほ
シャム|しゃむ
社務|しゃむ
しゃも|しゃも
舎利|しゃり
しゃれ|しゃれ
斜路|しゃろ
シャ|しゃ
主意|しゅい
趣意|しゅい
首位|しゅい
囚|しゅう
周|しゅう
宗|しゅう
州|しゅう
衆|しゅう
週|しゅう
集|しゅう
醜|しゅう
市有|しゆう
師友|しゆう
私有|しゆう
詩友|しゆう
雌雄|しゆう
主家|しゅか
酒家|しゅか
主我|しゅが
珠芽|しゅが
手記|しゅき
酒器|しゅき
酒気|しゅき
主義|しゅぎ
宿|しゅく
祝|しゅく
主語|しゅご
守護|しゅご
主査|しゅさ
首座|しゅざ
主旨|しゅし
朱子|しゅし
種子|しゅし
趣旨|しゅし
主事|しゅじ
主治|しゅじ
繻子|しゅす
首都|しゅと
守秘|しゅひ
種皮|しゅひ
守備|しゅび
首尾|しゅび
主婦|しゅふ
首府|しゅふ
主部|しゅぶ
趣味|しゅみ
主務|しゅむ
須臾|しゅゆ
修羅|しゅら
しゅろ|しゅろ
手話|しゅわ
旬|しゅ
所為|しょい
しょう|しょう
勝|しょう
升|しょう
商|しょう
将|しょう
小|しょう
少|しょう
昭|しょう
症|しょう
省|しょう
称|しょう
章|しょう
衝|しょう
証|しょう
賞|しょう
鉦|しょう
性|しょう
正|しょう
生|しょう
荘|しょう
笙|しょう
簫|しょう
頌|しょう
仕様|しよう
使用|しよう
姿容|しよう
子葉|しよう
枝葉|しよう
止揚|しよう
私用|しよう
試用|しよう
飼養|しよう
ショー|しょお
初夏|しょか
書家|しょか
書架|しょか
書画|しょが
初期|しょき
所期|しょき
暑気|しょき
庶幾|しょき
書紀|しょき
書記|しょき
初句|しょく
燭|しょく
職|しょく
食|しょく
蝕|しょく
蜀|しょく
私欲|しよく
書庫|しょこ
所作|しょさ
初志|しょし
所思|しょし
書史|しょし
書誌|しょし
書肆|しょし
諸姉|しょし
諸子|しょし
諸氏|しょし
所持|しょじ
諸事|しょじ
処置|しょち
初手|しょて
初度|しょど
諸派|しょは
初歩|しょほ
庶母|しょぼ
庶務|しょむ
初夜|しょや
所与|しょよ
処理|しょり
シラー|しらあ
白髪|しらが
白木|しらき
新羅|しらぎ
白け|しらけ
白子|しらこ
しらす|しらす
知らす|しらす
白州|しらす
知らせ|しらせ
白煮|しらに
白羽|しらは
しらふ|しらふ
調べ|しらべ
白帆|しらほ
しらみ|しらみ
白む|しらむ
白湯|しらゆ
しらん|しら
市立|しりつ
私立|しりつ
しり目|しりめ
思慮|しりょ
四隣|しり
シルク|しるく
汁気|しるけ
汁粉|しるこ
しるし|しるし
印|しるし
験|しるし
徴|しるし
記す|しるす
しるべ|しるべ
知る辺|しるべ
司令|しれい
指令|しれい
知れた|しれた
歯列|しれつ
熾烈|しれつ
知れる|しれる
試練|しれ
白い|しろい
屍蝋|しろう
白地|しろじ
白身|しろみ
白目|しろめ
史論|しろ
私論|しろ
至論|しろ
詩論|しろ
試論|しろ
しわい|しわい
仕分け|しわけ
仕業|しわざ
師走|しわす
しわむ|しわむ
深意|しんい
真意|しんい
神威|しんい
神意|しんい
深化|しんか
真価|しんか
神火|しんか
臣下|しんか
進化|しんか
心悸|しんき
新奇|しんき
新規|しんき
信義|しんぎ
審議|しんぎ
真偽|しんぎ
真義|しんぎ
神技|しんぎ
深紅|しんく
真紅|しんく
辛苦|しんく
寝具|しんぐ
新家|しんけ
新香|しんこ
新語|しんご
審査|しんさ
心思|しんし
振子|しんし
真摯|しんし
紳士|しんし
信士|しんじ
心事|しんじ
新字|しんじ
神事|しんじ
神璽|しんじ
臣事|しんじ
芯地|しんじ
親疎|しんそ
新地|しんち
神智|しんち
しんと|しんと
信徒|しんと
新都|しんと
心土|しんど
深度|しんど
進度|しんど
震度|しんど
真に|しんに
シンパ|しんぱ
新派|しんぱ
審美|しんび
真否|しんぴ
真皮|しんぴ
神秘|しんぴ
深部|しんぶ
新婦|しんぷ
新譜|しんぷ
神父|しんぷ
進歩|しんぽ
新味|しんみ
親身|しんみ
新芽|しんめ
神馬|しんめ
深夜|しんや
審理|しんり
心理|しんり
心裏|しんり
真理|しんり
親露|しんろ
進路|しんろ
針路|しんろ
神話|しんわ
親和|しんわ

し|4文字

仕上がり|しあがり
仕上がる|しあがる
仕上げる|しあげる
シアター|しあたあ
幸せ|しあわせ
仕合わせ|しあわせ
CS|しいえす
CF|しいえふ
CM|しいえむ
シーズ|しいず
シーソー|しいそお
しいたけ|しいたけ
恣意的|しいてき
シールド|しいるど
仕入れる|しいれる
しいんと|しいんと
シェード|しぇえど
シェリー|しぇりい
シェリフ|しぇりふ
シェルパ|しぇるぱ
潮合い|しおあい
塩味|しおあじ
し終える|しおえる
潮風|しおかぜ
しおがま|しおがま
塩がま|しおがま
塩辛|しおから
潮くみ|しおくみ
仕送り|しおくり
仕送る|しおくる
潮騒|しおさい
塩ざけ|しおざけ
仕納め|しおさめ
しおしお|しおしお
塩ずり|しおずり
塩出し|しおだし
塩断ち|しおだち
塩漬け|しおづけ
潮時|しおどき
潮鳴り|しおなり
塩ピー|しおぴい
塩引き|しおびき
塩干し|しおぼし
潮待ち|しおまち
塩豆|しおまめ
塩水|しおみず
潮水|しおみず
塩物|しおもの
塩もみ|しおもみ
塩焼き|しおやき
しおり戸|しおりど
しおれる|しおれる
し終わる|しおわる
市街地|しがいち
仕返し|しかえし
仕返す|しかえす
し替える|しかえる
しか狩り|しかがり
しかかる|しかかる
しか革|しかがわ
四角い|しかくい
仕掛ける|しかける
死火山|しかざ
しかしか|しかしか
しかじか|しかじか
しかして|しかして
しがない|しがない
しかねる|しかねる
しかばね|しかばね
私家版|しかば
しかめる|しかめる
しからば|しからば
しがらみ|しがらみ
しかるに|しかるに
敷網|しきあみ
敷石|しきいし
市議会|しぎかい
敷き金|しきがね
敷き皮|しきがわ
色感|しきか
敷金|しきき
識見|しきけ
色彩|しきさい
敷島|しきしま
指揮者|しきしゃ
識者|しきしゃ
色相|しきそう
式台|しきだい
色沢|しきたく
しきたり|しきたり
式典|しきて
指揮刀|しきとう
式服|しきふく
識別|しきべつ
四季報|しきほう
指揮棒|しきぼう
色盲|しきもう
敷物|しきもの
しぎ焼き|しぎやき
刺客|しきゃく
四球|しきゅう
子宮|しきゅう
支給|しきゅう
死球|しきゅう
至急|しきゅう
司教|しきょう
市況|しきょう
思郷|しきょう
詩境|しきょう
詩興|しきょう
試供|しきょう
示教|しきょう
始業|しぎょう
紙業|しぎょう
支局|しきょく
私曲|しきょく
色欲|しきよく
しきりに|しきりに
敷きわら|しきわら
しくしく|しくしく
しくじり|しくじり
しくじる|しくじる
シグナル|しぐなる
時雨煮|しぐれに
時雨れる|しぐれる
しけ糸|しけいと
しげしげ|しげしげ
茂った|しげった
しこしこ|しこしこ
子午線|しごせ
しこたま|しこたま
仕事着|しごとぎ
仕事師|しごとし
仕事場|しごとば
しこなし|しこなし
しこなす|しこなす
四五日|しごにち
四五人|しごに
資産家|しさんか
ししうど|ししうど
獅子鼻|ししばな
獅子舞|ししまい
子爵|ししゃく
シシャモ|ししゃも
刺繍|ししゅう
死臭|ししゅう
詩集|ししゅう
四十|しじゅう
始終|しじゅう
止宿|ししゅく
私淑|ししゅく
私塾|しじゅく
支出|ししゅつ
施術|しじゅつ
思春|ししゅ
至純|しじゅ
諮詢|しじゅ
刺傷|ししょう
市章|ししょう
師匠|ししょう
支障|ししょう
死傷|ししょう
私傷|ししょう
視床|ししょう
詞章|ししょう
嗤笑|ししょう
史上|しじょう
市場|しじょう
私情|しじょう
紙上|しじょう
至上|しじょう
至情|しじょう
詩情|しじょう
試乗|しじょう
誌上|しじょう
試食|ししょく
支持率|しじりつ
静かさ|しずかさ
静けさ|しずけさ
静静|しずしず
シスター|しすたあ
システム|しすてむ
し済ます|しすます
静まり|しずまり
静まる|しずまる
鎮まる|しずまる
静める|しずめる
沈める|しずめる
鎮める|しずめる
沈んだ|しずんだ
自然死|しぜんし
自然に|しぜんに
思想家|しそうか
思想史|しそうし
し損じ|しそんじ
下あご|したあご
下味|したあじ
シタール|したある
次第に|しだいに
下請|したうけ
舌打ち|したうち
下帯|したおび
従う|したがう
下書き|したがき
下陰|したかげ
下掛け|したがけ
下刈り|したがり
下側|したがわ
下草|したくさ
舌先|したさき
親しい|したしい
下敷き|したじき
親しく|したしく
親しげ|したしげ
親しさ|したしさ
親しみ|したしみ
親しむ|したしむ
舌代|しただい
したたか|したたか
滴り|したたり
滴る|したたる
下っ端|したっぱ
下積み|したづみ
下露|したつゆ
仕立屋|したてや
仕立てる|したてる
下取り|したどり
舌長|したなが
下塗り|したぬり
舌の根|したのね
下生え|したばえ
下ばき|したばき
下穿|したばき
下履き|したばき
下腹|したはら
下張り|したばり
下前|したまえ
下町|したまち
下向き|したむき
下もえ|したもえ
下役|したやく
下訳|したやく
下読み|したよみ
しだれる|しだれる
質入れ|しちいれ
七月|しちがつ
質草|しちぐさ
質権|しちけ
七言|しちご
七三|しちさ
七千|しちせ
質店|しちて
七難|しちな
七年|しちね
七八|しちはち
質札|しちふだ
七万|しちま
質物|しちもつ
試着|しちゃく
シチュー|しちゅう
市中|しちゅう
支柱|しちゅう
市庁|しちょう
市長|しちょう
思潮|しちょう
支庁|しちょう
視聴|しちょう
試聴|しちょう
輜重|しちょう
七曜|しちよう
司直|しちょく
七厘|しちり
室員|しつい
室温|しつお
悉皆|しっかい
室外|しつがい
失格|しっかく
しっかり|しっかり
疾患|しっか
質感|しつか
失禁|しっき
しっくい|しっくい
シックス|しっくす
し尽くす|しつくす
しっくり|しっくり
失敬|しっけい
失血|しっけつ
しつける|しつける
仕付ける|しつける
執権|しっけ
失言|しつげ
湿原|しつげ
しつこい|しつこい
執行|しっこう
失効|しっこう
漆黒|しっこく
桎梏|しっこく
失策|しっさく
質実|しつじつ
失心|しっし
失神|しっし
湿疹|しっし
叱正|しっせい
叱声|しっせい
執政|しっせい
失政|しっせい
湿性|しっせい
叱責|しっせき
失跡|しっせき
湿舌|しつぜつ
失踪|しっそう
疾走|しっそう
失速|しっそく
失対|しったい
失態|しったい
悉曇|しった
失墜|しっつい
失点|しって
湿田|しつで
執刀|しっとう
失投|しっとう
失当|しっとう
しっとり|しっとり
室内|しつない
失念|しつね
失敗|しっぱい
湿板|しつば
執筆|しっぴつ
疾風|しっぷう
しっぺい|しっぺい
疾病|しっぺい
竹箆|しっぺい
失望|しつぼう
七宝|しっぽう
質朴|しつぼく
卓袱|しっぽく
しっぽり|しっぽり
失明|しつめい
質問|しつも
執拗|しつよう
しつらえ|しつらえ
失礼|しつれい
失恋|しつれ
シティー|してぃい
指定医|していい
しでかす|しでかす
仕手株|してかぶ
してやる|してやる
し遂げる|しとげる
しとしと|しとしと
シドニー|しどにい
仕留める|しとめる
しとやか|しとやか
シトロ|しとろ
品薄|しなうす
し直し|しなおし
し直す|しなおす
品書き|しながき
品数|しなかず
品柄|しながら
品枯れ|しながれ
品切れ|しなぎれ
しなしな|しなしな
品品|しなじな
死なせる|しなせる
品玉|しなだま
しなの木|しなのき
しなびる|しなびる
シナプス|しなぷす
品物|しなもの
シナモ|しなも
しなやか|しなやか
シナリオ|しなりお
し慣れる|しなれる
死なれる|しなれる
死に顔|しにがお
死に金|しにがね
死に神|しにがみ
シニカル|しにかる
死に際|しにぎわ
死にざま|しにざま
死に体|しにたい
死に時|しにどき
死に恥|しにはじ
死に花|しにばな
死に水|しにみず
屎尿|しにょう
シネスコ|しねすこ
シネラマ|しねらま
し残し|しのこし
し残す|しのこす
四の五の|しのごの
しの竹|しのだけ
シノニム|しのにむ
しののめ|しののめ
死の灰|しのはい
忍ばす|しのばす
忍び音|しのびね
しの笛|しのぶえ
支配下|しはいか
芝居気|しばいぎ
しば犬|しばいぬ
しば刈り|しばかり
柴刈り|しばかり
芝刈り|しばかり
芝草|しばくさ
しばしば|しばしば
司馬遷|しばせ
しば笛|しばぶえ
支払い|しはらい
支払う|しはらう
しばらく|しばらく
四半期|しはんき
四百|しひゃく
師表|しひょう
指標|しひょう
死票|しひょう
死病|しびょう
しびれる|しびれる
四分板|しぶいた
渋がき|しぶがき
渋紙|しぶがみ
渋皮|しぶかわ
しぶしぶ|しぶしぶ
渋茶|しぶちゃ
渋ちん|しぶち
しぶとい|しぶとい
シベリア|しべりあ
資本家|しほんか
しまい湯|しまいゆ
島唄|しまうた
しま馬|しまうま
島陰|しまかげ
島影|しまかげ
しま柄|しまがら
島国|しまぐに
しまった|しまった
しまへび|しまへび
島守|しまもり
しまりす|しまりす
締まり屋|しまりや
染み入る|しみいる
染み込む|しみこむ
しみじみ|しみじみ
染み出す|しみだす
しみ付く|しみつく
染みつく|しみつく
凍み付く|しみつく
染み出る|しみでる
染み抜き|しみぬき
至妙|しみょう
仕向ける|しむける
しめかす|しめかす
締め金|しめがね
締め切り|しめきり
閉め切り|しめきり
締め切る|しめきる
閉め切る|しめきる
締め込み|しめこみ
締め込む|しめこむ
しめしめ|しめしめ
締め出し|しめだし
閉め出し|しめだし
締め出す|しめだす
閉め出す|しめだす
締め付け|しめつけ
湿った|しめった
しめ縄|しめなわ
しめやか|しめやか
湿り気|しめりけ
霜枯れ|しもがれ
下肥|しもごえ
下下|しもじも
しもた屋|しもたや
霜月|しもつき
しもつけ|しもつけ
霜解け|しもどけ
霜取り|しもとり
下ねた|しもねた
下の句|しものく
霜降り|しもふり
霜焼け|しもやけ
霜よけ|しもよけ
シャープ|しゃあぷ
シャーレ|しゃあれ
社印|しゃい
社員|しゃい
社運|しゃう
射影|しゃえい
斜影|しゃえい
社屋|しゃおく
謝恩|しゃお
遮音|しゃお
社会|しゃかい
社外|しゃがい
車外|しゃがい
斜角|しゃかく
社格|しゃかく
しゃがむ|しゃがむ
舎監|しゃか
車間|しゃか
謝金|しゃき
爵位|しゃくい
しゃくう|しゃくう
釈義|しゃくぎ
杓子|しゃくし
釈子|しゃくし
借地|しゃくち
尺度|しゃくど
借間|しゃくま
借家|しゃくや
尺余|しゃくよ
しゃくる|しゃくる
社訓|しゃく
舎兄|しゃけい
射撃|しゃげき
瀉血|しゃけつ
車券|しゃけ
車検|しゃけ
斜交|しゃこう
斜光|しゃこう
斜坑|しゃこう
社交|しゃこう
車行|しゃこう
車高|しゃこう
遮光|しゃこう
社告|しゃこく
社債|しゃさい
車載|しゃさい
謝罪|しゃざい
瀉剤|しゃざい
射殺|しゃさつ
車軸|しゃじく
写実|しゃじつ
射手|しゃしゅ
社主|しゃしゅ
車種|しゃしゅ
写真|しゃし
写生|しゃせい
射精|しゃせい
社説|しゃせつ
謝絶|しゃぜつ
斜線|しゃせ
社線|しゃせ
車線|しゃせ
社葬|しゃそう
車窓|しゃそう
社則|しゃそく
車体|しゃたい
社宅|しゃたく
洒脱|しゃだつ
社団|しゃだ
遮断|しゃだ
赤口|しゃっく
シャッポ|しゃっぽ
舎弟|しゃてい
射程|しゃてい
射的|しゃてき
社殿|しゃで
斜塔|しゃとう
社頭|しゃとう
車道|しゃどう
シャトー|しゃとお
シャドー|しゃどお
シャトル|しゃとる
社内|しゃない
車内|しゃない
社日|しゃにち
娑婆気|しゃばき
娑婆気|しゃばけ
這般|しゃは
社風|しゃふう
煮沸|しゃふつ
シャフト|しゃふと
しゃぶる|しゃぶる
遮蔽|しゃへい
しゃべり|しゃべり
シャベル|しゃべる
しゃべる|しゃべる
斜辺|しゃへ
写本|しゃほ
シャボ|しゃぼ
社名|しゃめい
社命|しゃめい
赦免|しゃめ
斜面|しゃめ
しゃもじ|しゃもじ
沙門|しゃも
借問|しゃも
社友|しゃゆう
社有|しゃゆう
斜陽|しゃよう
社用|しゃよう
洒落|しゃらく
車輪|しゃり
謝礼|しゃれい
社歴|しゃれき
しゃれた|しゃれた
しゃれる|しゃれる
シャワー|しゃわあ
しゃんと|しゃんと
主因|しゅい
朱印|しゅい
周囲|しゅうい
拾遺|しゅうい
秋雨|しゅうう
驟雨|しゅうう
州花|しゅうか
秀歌|しゅうか
衆寡|しゅうか
集荷|しゅうか
周忌|しゅうき
周期|しゅうき
宗規|しゅうき
秋期|しゅうき
秋気|しゅうき
秋季|しゅうき
終期|しゅうき
臭気|しゅうき
衆議|しゅうぎ
祝儀|しゅうぎ
秀句|しゅうく
衆愚|しゅうぐ
収差|しゅうさ
収支|しゅうし
宗旨|しゅうし
修史|しゅうし
修士|しゅうし
終始|しゅうし
終止|しゅうし
修辞|しゅうじ
習字|しゅうじ
シューズ|しゅうず
宗祖|しゅうそ
愁訴|しゅうそ
臭素|しゅうそ
周知|しゅうち
衆知|しゅうち
羞恥|しゅうち
私有地|しゆうち
シュート|しゅうと
しゅうと|しゅうと
囚徒|しゅうと
宗徒|しゅうと
州都|しゅうと
周波|しゅうは
宗派|しゅうは
秋波|しゅうは
愁眉|しゅうび
秀美|しゅうび
臭味|しゅうみ
宗務|しゅうむ
終夜|しゅうや
修理|しゅうり
シュール|しゅうる
守衛|しゅえい
主演|しゅえ
酒宴|しゅえ
主恩|しゅお
主音|しゅお
シュガー|しゅがあ
首魁|しゅかい
朱書き|しゅがき
主格|しゅかく
主客|しゅかく
酒客|しゅかく
主幹|しゅか
主管|しゅか
主観|しゅか
手簡|しゅか
主眼|しゅが
宿痾|しゅくあ
宿意|しゅくい
祝意|しゅくい
殊遇|しゅぐう
祝歌|しゅくか
祝賀|しゅくが
宿志|しゅくし
祝辞|しゅくじ
縮図|しゅくず
宿世|しゅくせ
宿場|しゅくば
叔父|しゅくふ
叔母|しゅくぼ
主君|しゅく
殊勲|しゅく
主計|しゅけい
手芸|しゅげい
主権|しゅけ
手交|しゅこう
手工|しゅこう
趣向|しゅこう
酒肴|しゅこう
首肯|しゅこう
酒豪|しゅごう
主催|しゅさい
主宰|しゅさい
主菜|しゅさい
主剤|しゅざい
主罪|しゅざい
取材|しゅざい
珠算|しゅざ
主治医|しゅじい
主軸|しゅじく
取捨|しゅしゃ
守株|しゅしゅ
種種|しゅじゅ
手書|しゅしょ
朱書|しゅしょ
主審|しゅし
主神|しゅし
朱唇|しゅし
酒神|しゅし
主人|しゅじ
取水|しゅすい
主筋|しゅすじ
朱墨|しゅずみ
主星|しゅせい
守勢|しゅせい
酒精|しゅせい
主税|しゅぜい
酒税|しゅぜい
主席|しゅせき
手跡|しゅせき
酒席|しゅせき
首席|しゅせき
主節|しゅせつ
主戦|しゅせ
守戦|しゅせ
酒仙|しゅせ
鬚髯|しゅぜ
酒造|しゅぞう
手足|しゅそく
種属|しゅぞく
種族|しゅぞく
主体|しゅたい
主題|しゅだい
首題|しゅだい
手拓|しゅたく
主たる|しゅたる
手段|しゅだ
種畜|しゅちく
主著|しゅちょ
出火|しゅっか
出荷|しゅっか
出芽|しゅつが
出家|しゅっけ
出庫|しゅっこ
出座|しゅつざ
出仕|しゅっし
出資|しゅっし
出自|しゅつじ
出世|しゅっせ
出土|しゅつど
出馬|しゅつば
出費|しゅっぴ
出府|しゅっぷ
種痘|しゅとう
主動|しゅどう
主導|しゅどう
手動|しゅどう
取得|しゅとく
朱肉|しゅにく
主任|しゅに
朱塗り|しゅぬり
首脳|しゅのう
酒杯|しゅはい
主犯|しゅは
首班|しゅは
主筆|しゅひつ
朱筆|しゅひつ
主賓|しゅひ
主文|しゅぶ
守兵|しゅへい
手兵|しゅへい
酒癖|しゅへき
種別|しゅべつ
主峰|しゅほう
主砲|しゅほう
手法|しゅほう
手紡|しゅぼう
首謀|しゅぼう
主命|しゅめい
しゅもく|しゅもく
種目|しゅもく
腫物|しゅもつ
主役|しゅやく
主薬|しゅやく
主用|しゅよう
主要|しゅよう
腫瘍|しゅよう
主翼|しゅよく
修羅場|しゅらば
酒乱|しゅら
種類|しゅるい
手練|しゅれ
修惑|しゅわく
手腕|しゅわ
春雨|しゅんう
春画|しゅんが
春期|しゅんき
春季|しゅんき
瞬時|しゅんじ
しゅんと|しゅんと
駿馬|しゅんば
駿馬|しゅんめ
所員|しょい
署員|しょい
書院|しょい
傷痍|しょうい
小異|しょうい
少尉|しょうい
小雨|しょうう
少雨|しょうう
商家|しょうか
商科|しょうか
唱歌|しょうか
小火|しょうか
小過|しょうか
昇華|しょうか
消化|しょうか
消夏|しょうか
消火|しょうか
漿果|しょうか
頌歌|しょうか
しょうが|しょうが
小我|しょうが
勝機|しょうき
商機|しょうき
小器|しょうき
小旗|しょうき
抄記|しょうき
鍾馗|しょうき
正気|しょうき
瘴気|しょうき
商議|しょうぎ
将棋|しょうぎ
床几|しょうぎ
省議|しょうぎ
章句|しょうく
障碍|しょうげ
称呼|しょうこ
証拠|しょうこ
鉦鼓|しょうこ
正午|しょうご
小差|しょうさ
少佐|しょうさ
証左|しょうさ
将士|しょうし
小史|しょうし
小祠|しょうし
抄紙|しょうし
焼死|しょうし
笑止|しょうし
証紙|しょうし
頌詩|しょうし
商事|しょうじ
小事|しょうじ
小字|しょうじ
少時|しょうじ
障子|しょうじ
生死|しょうじ
勝訴|しょうそ
勝地|しょうち
召致|しょうち
小知|しょうち
承知|しょうち
招致|しょうち
商都|しょうと
焦土|しょうど
照度|しょうど
小児|しょうに
性根|しょうね
翔破|しょうは
消費|しょうひ
称美|しょうび
賞美|しょうび
娼婦|しょうふ
しょうぶ|しょうぶ
勝負|しょうぶ
尚武|しょうぶ
しょうま|しょうま
消磨|しょうま
賞味|しょうみ
正味|しょうみ
商務|しょうむ
正目|しょうめ
庄屋|しょうや
醤油|しょうゆ
賞与|しょうよ
勝利|しょうり
小利|しょうり
小吏|しょうり
掌理|しょうり
しょうろ|しょうろ
捷路|しょうろ
唱和|しょうわ
小話|しょうわ
昭和|しょうわ
笑話|しょうわ
初演|しょえ
書屋|しょおく
ショーツ|しょおつ
ショート|しょおと
ショール|しょおる
初会|しょかい
初回|しょかい
所懐|しょかい
所外|しょがい
初学|しょがく
所轄|しょかつ
初刊|しょか
所感|しょか
所管|しょか
書簡|しょか
所願|しょが
処遇|しょぐう
食後|しょくご
食思|しょくし
食指|しょくし
植字|しょくじ
食餌|しょくじ
食事|しょくじ
食酢|しょくす
職組|しょくそ
埴土|しょくど
職場|しょくば
植皮|しょくひ
食費|しょくひ
職務|しょくむ
諸君|しょく
処刑|しょけい
初経|しょけい
書契|しょけい
諸兄|しょけい
書芸|しょげい
処決|しょけつ
しょげる|しょげる
初見|しょけ
所見|しょけ
諸賢|しょけ
緒言|しょげ
初更|しょこう
初校|しょこう
曙光|しょこう
諸侯|しょこう
諸公|しょこう
諸国|しょこく
初婚|しょこ
所載|しょさい
書斎|しょさい
所在|しょざい
書冊|しょさつ
書札|しょさつ
初産|しょさ
所産|しょさ
初産|しょざ
書式|しょしき
諸式|しょしき
諸色|しょしき
書写|しょしゃ
諸種|しょしゅ
処処|しょしょ
処暑|しょしょ
所所|しょしょ
諸処|しょしょ
諸所|しょしょ
処女|しょじょ
初審|しょし
初心|しょし
初診|しょし
所信|しょし
書信|しょし
諸人|しょじ
処世|しょせい
書生|しょせい
書籍|しょせき
所説|しょせつ
諸説|しょせつ
しょせん|しょせ
初戦|しょせ
緒戦|しょせ
諸相|しょそう
所蔵|しょぞう
所属|しょぞく
所存|しょぞ
所帯|しょたい
書体|しょたい
初代|しょだい
書棚|しょだな
処断|しょだ
初段|しょだ
織機|しょっき
食器|しょっき
ショック|しょっく
ショット|しょっと
ショップ|しょっぷ
所定|しょてい
書店|しょて
諸点|しょて
所伝|しょで
初冬|しょとう
初等|しょとう
初頭|しょとう
諸島|しょとう
蔗糖|しょとう
初動|しょどう
書道|しょどう
所得|しょとく
所内|しょない
初日|しょにち
初任|しょに
暑熱|しょねつ
初年|しょね
初発|しょはつ
処罰|しょばつ
初版|しょは
初犯|しょは
諸般|しょは
ショパ|しょぱ
書風|しょふう
処分|しょぶ
処方|しょほう
緒方|しょほう
書法|しょほう
書房|しょぼう
庶民|しょみ
庶務課|しょむか
庶務部|しょむぶ
署名|しょめい
書名|しょめい
書面|しょめ
所望|しょもう
書目|しょもく
書物|しょもつ
初訳|しょやく
所有|しょゆう
初葉|しょよう
所用|しょよう
所要|しょよう
書林|しょり
書類|しょるい
初老|しょろう
所労|しょろう
所論|しょろ
緒論|しょろ
白あえ|しらあえ
白糸|しらいと
白魚|しらうお
白梅|しらうめ
白かば|しらかば
白壁|しらかべ
白紙|しらかみ
白がゆ|しらがゆ
白菊|しらぎく
白絹|しらぎぬ
白くも|しらくも
白雲|しらくも
白けた|しらけた
白ける|しらける
しらげる|しらげる
白白|しらしら
白白|しらじら
知らせる|しらせる
白滝|しらたき
白玉|しらたま
白茶|しらちゃ
しらっと|しらっと
白露|しらつゆ
しらつる|しらつる
白波|しらなみ
不知火|しらぬい
シラバス|しらばす
白旗|しらはた
しらびそ|しらびそ
シラブル|しらぶる
調べる|しらべる
白焼き|しらやき
白雪|しらゆき
知り合い|しりあい
知り合う|しりあう
しり当て|しりあて
シリアル|しりある
シリーズ|しりいず
シリウス|しりうす
しり押し|しりおし
しり重|しりおも
しりがい|しりがい
しり軽|しりがる
しり切れ|しりきれ
しり込み|しりごみ
シリコ|しりこ
退く|しりぞく
しり付き|しりつき
しりっぽ|しりっぽ
しり取り|しりとり
知り抜く|しりぬく
しりもち|しりもち
支流|しりゅう
史料|しりょう
思料|しりょう
思量|しりょう
死霊|しりょう
資料|しりょう
飼料|しりょう
死力|しりょく
視力|しりょく
資力|しりょく
シリング|しりんぐ
シルバー|しるばあ
汁物|しるもの
シルル紀|しるるき
司令部|しれいぶ
しれっと|しれっと
痴れ者|しれもの
城跡|しろあと
白あり|しろあり
白あん|しろあ
白糸|しろいと
白い目|しろいめ
しろうお|しろうお
素人|しろうと
白馬|しろうま
白帯|しろおび
銀|しろがね
白くま|しろくま
白黒|しろくろ
白ごま|しろごま
白酒|しろざけ
白下|しろした
白白|しろじろ
白炭|しろずみ
白たえ|しろたえ
シロッコ|しろっこ
シロップ|しろっぷ
白猫|しろねこ
白バイ|しろばい
白星|しろぼし
シロホ|しろほ
白みそ|しろみそ
白無垢|しろむく
しろもじ|しろもじ
代物|しろもの
仕分ける|しわける
しわしわ|しわしわ
しわ腹|しわばら
しわぶき|しわぶき
指話法|しわほう
視話法|しわほう
しわ寄せ|しわよせ
しわ寄る|しわよる
親愛|しんあい
新案|しんあ
神域|しんいき
新入り|しんいり
真因|しんい
神韻|しんい
真打ち|しんうち
進運|しんう
新鋭|しんえい
親衛|しんえい
親閲|しんえつ
深遠|しんえ
深淵|しんえ
神苑|しんえ
心奥|しんおう
深奥|しんおう
震央|しんおう
唇音|しんお
心音|しんお
シンガー|しんがあ
新開|しんかい
深海|しんかい
侵害|しんがい
心外|しんがい
辛亥|しんがい
震駭|しんがい
新顔|しんがお
真書き|しんかき
心学|しんがく
神学|しんがく
進学|しんがく
新型|しんがた
新株|しんかぶ
新柄|しんがら
しんがり|しんがり
信管|しんか
新刊|しんか
新患|しんか
新館|しんか
森閑|しんか
神官|しんか
震撼|しんか
宸翰|しんか
心眼|しんが
心願|しんが
真贋|しんが
新居|しんきょ
芯切り|しんきり
信金|しんき
心筋|しんき
真菌|しんき
親近|しんき
呻吟|しんぎ
真空|しんくう
シングル|しんぐる
シンクロ|しんくろ
進軍|しんぐ
神経|しんけい
新劇|しんげき
進撃|しんげき
心血|しんけつ
新月|しんげつ
新券|しんけ
真剣|しんけ
神剣|しんけ
神権|しんけ
親権|しんけ
森厳|しんげ
進言|しんげ
震源|しんげ
箴言|しんげ
信仰|しんこう
侵攻|しんこう
振興|しんこう
新興|しんこう
新香|しんこう
深更|しんこう
深耕|しんこう
親交|しんこう
進攻|しんこう
進航|しんこう
進行|しんこう
進講|しんこう
信号|しんごう
新穀|しんこく
深刻|しんこく
申告|しんこく
神国|しんこく
心魂|しんこ
新婚|しんこ
身魂|しんこ
真言|しんご
親裁|しんさい
震災|しんさい
心材|しんざい
新作|しんさく
真作|しんさく
新札|しんさつ
診察|しんさつ
心算|しんさ
神算|しんさ
辛酸|しんさ
新参|しんざ
晋山|しんざ
深山|しんざ
新式|しんしき
神式|しんしき
寝室|しんしつ
心室|しんしつ
信実|しんじつ
真実|しんじつ
新車|しんしゃ
深謝|しんしゃ
辰砂|しんしゃ
信者|しんじゃ
新主|しんしゅ
新種|しんしゅ
新酒|しんしゅ
進取|しんしゅ
真珠|しんじゅ
神授|しんじゅ
親授|しんじゅ
信書|しんしょ
心緒|しんしょ
新書|しんしょ
親署|しんしょ
親書|しんしょ
寝所|しんじょ
神助|しんじょ
信じる|しんじる
心神|しんし
心身|しんし
新進|しんし
森森|しんし
深深|しんし
身心|しんし
津津|しんし
信心|しんじ
審尋|しんじ
新人|しんじ
深甚|しんじ
神人|しんじ
心酔|しんすい
浸水|しんすい
薪水|しんすい
進水|しんすい
真髄|しんずい
神髄|しんずい
信ずる|しんずる
心性|しんせい
新制|しんせい
新政|しんせい
新星|しんせい
新生|しんせい
申請|しんせい
真性|しんせい
真正|しんせい
神性|しんせい
神聖|しんせい
親政|しんせい
臣籍|しんせき
親戚|しんせき
新設|しんせつ
新説|しんせつ
新雪|しんせつ
深雪|しんせつ
臣節|しんせつ
親切|しんせつ
新撰|しんせ
新線|しんせ
新選|しんせ
新銭|しんせ
新鮮|しんせ
深浅|しんせ
神仙|しんせ
神饌|しんせ
神前|しんぜ
親善|しんぜ
新装|しんそう
深層|しんそう
深窓|しんそう
真相|しんそう
神葬|しんそう
心像|しんぞう
心臓|しんぞう
新造|しんぞう
神速|しんそく
親族|しんぞく
心底|しんそこ
真底|しんそこ
新卒|しんそつ
真率|しんそつ
新体|しんたい
神体|しんたい
身体|しんたい
進退|しんたい
寝台|しんだい
身代|しんだい
信託|しんたく
新宅|しんたく
神託|しんたく
進達|しんたつ
薪炭|しんた
震旦|しんた
診断|しんだ
新築|しんちく
新茶|しんちゃ
新著|しんちょ
深沈|しんち
心痛|しんつう
心底|しんてい
新帝|しんてい
進呈|しんてい
心的|しんてき
伸鉄|しんてつ
伸展|しんて
神典|しんて
親展|しんて
進展|しんて
寝殿|しんで
新田|しんで
神殿|しんで
神田|しんで
親電|しんで
しんどい|しんどい
心頭|しんとう
振盪|しんとう
新刀|しんとう
浸透|しんとう
神道|しんとう
親等|しんとう
滲透|しんとう
伸銅|しんどう
振動|しんどう
新道|しんどう
神童|しんどう
震動|しんどう
神徳|しんとく
慎独|しんどく
真読|しんどく
シンナー|しんなあ
新内|しんない
しんなり|しんなり
親日|しんにち
信女|しんにょ
真如|しんにょ
信任|しんに
信認|しんに
新任|しんに
親任|しんに
しんねこ|しんねこ
信念|しんね
新年|しんね
親王|しんのう
心肺|しんぱい
心配|しんぱい
心拍|しんぱく
神罰|しんばつ
進発|しんぱつ
シンバル|しんばる
信販|しんぱ
侵犯|しんぱ
審判|しんぱ
新版|しんぱ
神判|しんぱ
親藩|しんぱ
真筆|しんぴつ
親筆|しんぴつ
新品|しんぴ
神品|しんぴ
新風|しんぷう
信服|しんぷく
心服|しんぷく
心腹|しんぷく
振幅|しんぷく
震幅|しんぷく
神仏|しんぶつ
シンプル|しんぷる
新聞|しんぶ
親米|しんべい
新兵|しんぺい
新編|しんぺ
神変|しんぺ
身辺|しんぺ
信望|しんぼう
心房|しんぼう
心棒|しんぼう
深謀|しんぼう
辛抱|しんぼう
信奉|しんぽう
新法|しんぽう
神木|しんぼく
親睦|しんぼく
新発意|しんぼち
シンボル|しんぼる
新本|しんぽ
新米|しんまい
神米|しんまい
新店|しんみせ
新道|しんみち
親密|しんみつ
しんみり|しんみり
臣民|しんみ
神明|しんめい
身命|しんめい
進物|しんもつ
審問|しんも
新約|しんやく
新薬|しんやく
新訳|しんやく
心友|しんゆう
深憂|しんゆう
真勇|しんゆう
親友|しんゆう
信用|しんよう
信頼|しんらい
新来|しんらい
辛辣|しんらつ
親鸞|しんら
深慮|しんりょ
神慮|しんりょ
森林|しんり
親臨|しんり
親類|しんるい
進塁|しんるい
心霊|しんれい
振鈴|しんれい
新例|しんれい
浸礼|しんれい
神霊|しんれい
新暦|しんれき
心労|しんろう
新郎|しんろう
辛労|しんろう
神鹿|しんろく
親和度|しんわど

し|5文字

仕上げ塗り|しあげぬり
しあさって|しあさって
シーサイド|しいさいど
虐げる|しいたげる
CD|しいでぃい
シーフード|しいふうど
シーベルト|しいべると
シーボルト|しいぼると
試運転|しうんて
シェーカー|しぇえかあ
シェーバー|しぇえばあ
使役文|しえきぶ
シェパード|しぇぱあど
シェルター|しぇるたあ
しおおせる|しおおせる
塩加減|しおかげ
潮頭|しおがしら
塩辛い|しおからい
潮曇り|しおぐもり
潮煙|しおけむり
潮境|しおざかい
潮干狩り|しおひがり
しおまねき|しおまねき
しおらしい|しおらしい
塩を振る|しおをふる
市街戦|しがいせ
紫外線|しがいせ
志賀潔|しがきよし
四角形|しかくけい
四角錐|しかくすい
視覚的|しかくてき
四角張る|しかくばる
詞花集|しかしゅう
仕方ない|しかたない
四月ばか|しがつばか
志賀直哉|しがなおや
しがみつく|しがみつく
しかめ面|しかめづら
しかるべき|しかるべき
しかるべく|しかるべく
シガレット|しがれっと
しかれども|しかれども
しかを追う|しかをおう
止汗剤|しかんざい
志願兵|しがんへい
敷き写し|しきうつし
式次第|しきしだい
色弱|しきじゃく
式場|しきじょう
色情|しきじょう
色調|しきちょう
敷き詰める|しきつめる
敷き布団|しきぶと
市教委|しきょうい
仕切り板|しきりいた
仕切り書|しきりしょ
資金繰り|しきんぐり
試金石|しきんせき
四苦八苦|しくはっく
シクラメ|しくらめ
歯茎音|しけいお
死刑台|しけいだい
刺激的|しげきてき
止血剤|しけつざい
茂り合う|しげりあう
試験官|しけんか
試験管|しけんか
試験所|しけんじょ
試験的|しけんてき
しこうして|しこうして
始皇帝|しこうてい
嗜好品|しこうひ
四五十|しごじゅう
仕事率|しごとりつ
指呼の間|しこのか
四五百|しごひゃく
仕込みづえ|しこみづえ
四股を踏む|しこをふむ
思索的|しさくてき
刺殺体|しさつたい
ししおどし|ししおどし
獅子頭|ししがしら
シシカバブ|ししかばぶ
四死球|ししきゅう
しじみ貝|しじみがい
しじみ汁|しじみじる
試写会|ししゃかい
止瀉薬|ししゃやく
思春期|ししゅんき
私書箱|ししょばこ
視神経|ししんけい
始新世|ししんせい
紫宸殿|ししんで
沈み彫り|しずみぼり
私生活|しせいかつ
示性式|しせいしき
始生代|しせいだい
使節団|しせつだ
自然園|しぜんえ
自然界|しぜんかい
自然人|しぜんじ
自然数|しぜんすう
自然葬|しぜんそう
自然体|しぜんたい
自然林|しぜんり
思想界|しそうかい
思想的|しそうてき
シソーラス|しそおらす
し損ない|しそこない
し損なう|しそこなう
始祖鳥|しそちょう
次第書き|しだいがき
慕い寄る|したいよる
従える|したがえる
したがって|したがって
下稽古|したげいこ
下心|したごころ
舌触り|したざわり
下仕事|したしごと
下職|したしょく
下調べ|したしらべ
したためる|したためる
滴らす|したたらす
舌足らず|したたらず
舌たるい|したたるい
舌鼓|したつづみ
下っ腹|したっぱら
仕立て台|したてだい
下手投げ|したてなげ
仕立て物|したてもの
下に居る|したにいる
舌びらめ|したびらめ
下回り|したまわり
下回る|したまわる
舌もつれ|したもつれ
したり顔|したりがお
慕わしい|したわしい
慕わしさ|したわしさ
舌を出す|したをだす
舌を巻く|したをまく
し違える|しちがえる
しちくどい|しちくどい
七五三|しちごさ
七十|しちじゅう
七色|しちしょく
質流れ|しちながれ
七並べ|しちならべ
七百|しちひゃく
七分づき|しちぶづき
七変化|しちへんげ
失脚|しっきゃく
失業|しつぎょう
仕付け糸|しつけいと
執行部|しっこうぶ
湿潤|しつじゅ
失笑|しっしょう
湿生|しっしょう
失職|しっしょく
失着|しっちゃく
集注|しっちゅう
失調|しっちょう
室長|しつちょう
執刀医|しっとうい
湿度計|しつどけい
室内着|しつないぎ
質のよい|しつのよい
しつらえる|しつらえる
室料|しつりょう
質量|しつりょう
指定券|していけ
指定席|していせき
死出の旅|しでのたび
死出の山|しでのやま
してみると|してみると
四天王|してんのう
指導員|しどうい
四等官|しとうか
指導権|しどうけ
指導者|しどうしゃ
指導書|しどうしょ
指導的|しどうてき
しどけない|しどけない
品定め|しなさだめ
しなだれる|しなだれる
死に急ぐ|しにいそぐ
死に後れ|しにおくれ
死にかかる|しにかかる
死にかける|しにかける
死に変わる|しにかわる
歯肉炎|しにくえ
死に絶える|しにたえる
死に場所|しにばしょ
死に果てる|しにはてる
死に別れ|しにわかれ
シネラリア|しねらりあ
忍ばせる|しのばせる
忍び会い|しのびあい
忍び会う|しのびあう
忍び足|しのびあし
忍び入る|しのびいる
忍び込む|しのびこむ
忍び出る|しのびでる
忍びない|しのびない
忍び泣き|しのびなき
忍び泣く|しのびなく
忍びやか|しのびやか
忍び寄る|しのびよる
しのぶ草|しのぶぐさ
支配圏|しはいけ
支配権|しはいけ
支配者|しはいしゃ
支配人|しはいに
しばたたく|しばたたく
始発駅|しはつえき
縛り首|しばりくび
四半分|しはんぶ
四拍子|しびょうし
シビリア|しびりあ
しびれえい|しびれえい
渋うちわ|しぶうちわ
四分音符|しぶおんぷ
渋好み|しぶごのみ
渋っ面|しぶっつら
渋り腹|しぶりばら
私文書|しぶんしょ
四辺形|しへんけい
思弁的|しべんてき
司法官|しほうか
司法権|しほうけ
脂肪酸|しぼうさ
死亡者|しぼうしゃ
私法人|しほうじ
死亡率|しぼうりつ
絞り込む|しぼりこむ
絞り染め|しぼりぞめ
絞り出し|しぼりだし
絞り出す|しぼりだす
搾りたて|しぼりたて
搾り取る|しぼりとる
資本金|しほんき
姉妹都市|しまいとし
島おろし|しまおろし
島田まげ|しまだまげ
始末書|しまつしょ
島流し|しまながし
島開き|しまびらき
しまめのう|しまめのう
締まらない|しまらない
しみったれ|しみったれ
染み通る|しみとおる
染み渡る|しみわたる
市民権|しみんけ
締め上げる|しめあげる
使命感|しめいか
しめ飾り|しめかざり
締め切り日|しめきりび
締めくくり|しめくくり
締めくくる|しめくくる
絞め殺す|しめころす
示偏|しめすへ
締め付ける|しめつける
湿っぽい|しめっぽい
しめやかさ|しめやかさ
四面楚歌|しめんそか
下掛かる|しもがかる
霜囲い|しもがこい
下つ方|しもつかた
霜柱|しもばしら
下半期|しもはんき
下膨れ|しもぶくれ
下屋敷|しもやしき
シャーマ|しゃあま
社会科|しゃかいか
社会部|しゃかいぶ
しゃがれた|しゃがれた
しゃがれる|しゃがれる
しゃきっと|しゃきっと
写経|しゃきょう
社業|しゃぎょう
射距離|しゃきょり
しゃきんと|しゃきんと
借財|しゃくざい
市役所|しやくしょ
借銭|しゃくせ
釈然|しゃくぜ
釈尊|しゃくそ
赤銅|しゃくどう
しゃくなげ|しゃくなげ
灼熱|しゃくねつ
尺八|しゃくはち
釈放|しゃくほう
釈明|しゃくめい
癪持ち|しゃくもち
釈門|しゃくも
しゃくやく|しゃくやく
借用|しゃくよう
借覧|しゃくら
爵禄|しゃくろく
社交家|しゃこうか
社交場|しゃこうば
しゃじくも|しゃじくも
射出|しゃしゅつ
捨象|しゃしょう
社章|しゃしょう
車掌|しゃしょう
謝状|しゃじょう
車上|しゃじょう
写植|しゃしょく
社稷|しゃしょく
写真家|しゃしんか
写真機|しゃしんき
写真屋|しゃしんや
遮断機|しゃだんき
しゃちほこ|しゃちほこ
社中|しゃちゅう
車中|しゃちゅう
社長|しゃちょう
借款|しゃっか
しゃっきり|しゃっきり
借金|しゃっき
しゃっくり|しゃっくり
借景|しゃっけい
赤口|しゃっこう
シャッター|しゃったあ
しゃにむに|しゃにむに
車馬賃|しゃばち
三味線|しゃみせ
シャム猫|しゃむねこ
舎利殿|しゃりで
車両|しゃりょう
しゃれ込む|しゃれこむ
しゃれっ気|しゃれっけ
シャンソ|しゃんそ
上海|しゃんはい
シャンパ|しゃんぱ
シャンプー|しゃんぷう
趣意書|しゅいしょ
醜悪|しゅうあく
週明け|しゅうあけ
週一|しゅういち
秀逸|しゅういつ
衆院|しゅうい
舟運|しゅうう
終映|しゅうえい
収益|しゅうえき
就役|しゅうえき
終駅|しゅうえき
周縁|しゅうえ
就園|しゅうえ
終演|しゅうえ
終焉|しゅうえ
周回|しゅうかい
集会|しゅうかい
収穫|しゅうかく
臭覚|しゅうかく
就学|しゅうがく
修学|しゅうがく
収監|しゅうか
習慣|しゅうか
週刊|しゅうか
週間|しゅうか
集金|しゅうき
集計|しゅうけい
襲撃|しゅうげき
終決|しゅうけつ
終結|しゅうけつ
集結|しゅうけつ
秋月|しゅうげつ
集権|しゅうけ
祝言|しゅうげ
周航|しゅうこう
就航|しゅうこう
修交|しゅうこう
修好|しゅうこう
舟航|しゅうこう
衆口|しゅうこう
集光|しゅうこう
醜行|しゅうこう
秋毫|しゅうごう
集合|しゅうごう
秀才|しゅうさい
秀作|しゅうさく
習作|しゅうさく
集散|しゅうさ
秋日|しゅうじつ
終日|しゅうじつ
週日|しゅうじつ
終止符|しゅうしふ
終車|しゅうしゃ
収受|しゅうじゅ
執心|しゅうし
就寝|しゅうし
修身|しゅうし
終審|しゅうし
終身|しゅうし
囚人|しゅうじ
衆人|しゅうじ
集塵|しゅうじ
秋水|しゅうすい
主筋|しゅうすじ
修整|しゅうせい
修正|しゅうせい
終生|しゅうせい
習性|しゅうせい
集成|しゅうせい
収税|しゅうぜい
集積|しゅうせき
周旋|しゅうせ
終戦|しゅうせ
修繕|しゅうぜ
愁然|しゅうぜ
収蔵|しゅうぞう
収束|しゅうそく
終息|しゅうそく
集束|しゅうそく
習俗|しゅうぞく
醜態|しゅうたい
収奪|しゅうだつ
愁嘆|しゅうた
終段|しゅうだ
集団|しゅうだ
修築|しゅうちく
袖珍|しゅうち
修訂|しゅうてい
舟艇|しゅうてい
終点|しゅうて
終電|しゅうで
周到|しゅうとう
修道|しゅうどう
収得|しゅうとく
修得|しゅうとく
拾得|しゅうとく
習得|しゅうとく
しゅうとめ|しゅうとめ
就任|しゅうに
執念|しゅうね
収納|しゅうのう
集配|しゅうはい
就縛|しゅうばく
終バス|しゅうばす
終発|しゅうはつ
修祓|しゅうばつ
秀抜|しゅうばつ
終盤|しゅうば
週番|しゅうば
秋風|しゅうふう
修復|しゅうふく
修祓|しゅうふつ
秋分|しゅうぶ
醜聞|しゅうぶ
習癖|しゅうへき
周辺|しゅうへ
秀峰|しゅうほう
週報|しゅうほう
衆望|しゅうぼう
醜貌|しゅうぼう
シューマイ|しゅうまい
終幕|しゅうまく
終末|しゅうまつ
週末|しゅうまつ
周密|しゅうみつ
就眠|しゅうみ
襲名|しゅうめい
醜名|しゅうめい
衆目|しゅうもく
主持ち|しゅうもち
宗門|しゅうも
集約|しゅうやく
周遊|しゅうゆう
収容|しゅうよう
収用|しゅうよう
修養|しゅうよう
襲用|しゅうよう
襲来|しゅうらい
集落|しゅうらく
収攬|しゅうら
州立|しゅうりつ
囚虜|しゅうりょ
秋霖|しゅうり
私有林|しゆうり
醜類|しゅうるい
秀麗|しゅうれい
秋冷|しゅうれい
収斂|しゅうれ
修練|しゅうれ
修錬|しゅうれ
習練|しゅうれ
就労|しゅうろう
収録|しゅうろく
集録|しゅうろく
宗論|しゅうろ
修論|しゅうろ
衆論|しゅうろ
収賄|しゅうわい
主義者|しゅぎしゃ
主客|しゅきゃく
守旧|しゅきゅう
首級|しゅきゅう
酒興|しゅきょう
修業|しゅぎょう
修行|しゅぎょう
珠玉|しゅぎょく
宿悪|しゅくあく
宿因|しゅくい
宿運|しゅくう
宿営|しゅくえい
宿駅|しゅくえき
宿怨|しゅくえ
宿縁|しゅくえ
祝宴|しゅくえ
宿学|しゅくがく
粛学|しゅくがく
宿願|しゅくが
縮減|しゅくげ
縮刷|しゅくさつ
祝日|しゅくじつ
宿舎|しゅくしゃ
縮写|しゅくしゃ
宿主|しゅくしゅ
宿所|しゅくしょ
淑女|しゅくじょ
宿酔|しゅくすい
夙成|しゅくせい
粛正|しゅくせい
粛清|しゅくせい
粛然|しゅくぜ
宿題|しゅくだい
宿継ぎ|しゅくつぎ
宿敵|しゅくてき
祝典|しゅくて
祝電|しゅくで
祝祷|しゅくとう
粛党|しゅくとう
淑徳|しゅくとく
宿年|しゅくね
祝杯|しゅくはい
宿泊|しゅくはく
祝福|しゅくふく
宿便|しゅくべ
祝砲|しゅくほう
宿坊|しゅくぼう
宿望|しゅくぼう
宿命|しゅくめい
縮約|しゅくやく
宿老|しゅくろう
守護神|しゅごし
主産地|しゅさんち
朱子学|しゅしがく
主従|しゅじゅう
手術|しゅじゅつ
主唱|しゅしょう
主将|しゅしょう
殊勝|しゅしょう
首唱|しゅしょう
首相|しゅしょう
主上|しゅじょう
衆生|しゅじょう
主食|しゅしょく
酒色|しゅしょく
酒食|しゅしょく
繻子織り|しゅすおり
守銭奴|しゅせんど
主題歌|しゅだいか
主知的|しゅちてき
手中|しゅちゅう
主張|しゅちょう
主潮|しゅちょう
主調|しゅちょう
腫脹|しゅちょう
首長|しゅちょう
出演|しゅつえ
出棺|しゅっか
出願|しゅつが
出漁|しゅつぎょ
出御|しゅつぎょ
出勤|しゅっき
出金|しゅっき
出撃|しゅつげき
出欠|しゅっけつ
出血|しゅっけつ
出現|しゅつげ
出向|しゅっこう
出校|しゅっこう
出港|しゅっこう
出航|しゅっこう
出講|しゅっこう
出国|しゅっこく
出獄|しゅつごく
宿根|しゅっこ
出札|しゅっさつ
出産|しゅっさ
出社|しゅっしゃ
出車|しゅっしゃ
出所|しゅっしょ
出身|しゅっし
出陣|しゅつじ
出水|しゅっすい
出穂|しゅっすい
出征|しゅっせい
出生|しゅっせい
出精|しゅっせい
出席|しゅっせき
出走|しゅっそう
出来|しゅったい
出題|しゅつだい
出立|しゅったつ
出炭|しゅった
出陳|しゅっち
出廷|しゅってい
出典|しゅって
出店|しゅって
出頭|しゅっとう
出動|しゅつどう
出発|しゅっぱつ
出帆|しゅっぱ
出版|しゅっぱ
出品|しゅっぴ
出兵|しゅっぺい
出没|しゅつぼつ
出奔|しゅっぽ
出役|しゅつやく
出塁|しゅつるい
出牢|しゅつろう
首都圏|しゅとけ
主として|しゅとして
首脳部|しゅのうぶ
種苗|しゅびょう
首尾よく|しゅびよく
シュプール|しゅぷうる
シュミーズ|しゅみいず
須弥壇|しゅみだ
修羅道|しゅらどう
手裏剣|しゅりけ
主流|しゅりゅう
狩猟|しゅりょう
酒量|しゅりょう
首領|しゅりょう
主力|しゅりょく
手腕家|しゅわんか
俊英|しゅんえい
春寒|しゅんか
瞬間|しゅんか
春菊|しゅんぎく
峻拒|しゅんきょ
俊傑|しゅんけつ
春月|しゅんげつ
峻厳|しゅんげ
春光|しゅんこう
竣功|しゅんこう
竣工|しゅんこう
俊才|しゅんさい
駿才|しゅんさい
春日|しゅんじつ
竣成|しゅんせい
春雪|しゅんせつ
浚渫|しゅんせつ
駿足|しゅんそく
春暖|しゅんだ
春闘|しゅんとう
蠢動|しゅんどう
俊敏|しゅんび
春風|しゅんぷう
春分|しゅんぶ
峻別|しゅんべつ
春本|しゅんぽ
春眠|しゅんみ
春雷|しゅんらい
しゅんらん|しゅんら
峻烈|しゅんれつ
しょい込む|しょいこむ
鍾愛|しょうあい
小悪|しょうあく
掌握|しょうあく
勝因|しょうい
承引|しょうい
証印|しょうい
勝運|しょうう
商運|しょうう
漿液|しょうえき
省エネ|しょうえね
小円|しょうえ
小宴|しょうえ
招宴|しょうえ
硝煙|しょうえ
荘園|しょうえ
照応|しょうおう
哨戒|しょうかい
商会|しょうかい
照会|しょうかい
紹介|しょうかい
詳解|しょうかい
傷害|しょうがい
渉外|しょうがい
障害|しょうがい
生害|しょうがい
生涯|しょうがい
消化器|しょうかき
昇格|しょうかく
商学|しょうがく
奨学|しょうがく
小学|しょうがく
小額|しょうがく
少額|しょうがく
正覚|しょうがく
消渇|しょうかち
正月|しょうがつ
償還|しょうか
召喚|しょうか
召還|しょうか
商館|しょうか
将官|しょうか
小寒|しょうか
小官|しょうか
賞玩|しょうが
賞翫|しょうが
小規模|しょうきぼ
消去|しょうきょ
償金|しょうき
奨金|しょうき
賞金|しょうき
正金|しょうき
将軍|しょうぐ
小径|しょうけい
小景|しょうけい
小計|しょうけい
少憩|しょうけい
承継|しょうけい
捷径|しょうけい
象形|しょうけい
憧憬|しょうけい
笑劇|しょうげき
衝撃|しょうげき
猖獗|しょうけつ
商圏|しょうけ
商権|しょうけ
小見|しょうけ
証券|しょうけ
正絹|しょうけ
証言|しょうげ
商工|しょうこう
商港|しょうこう
商高|しょうこう
将校|しょうこう
小功|しょうこう
小康|しょうこう
小稿|しょうこう
少考|しょうこう
昇降|しょうこう
消光|しょうこう
焼香|しょうこう
症候|しょうこう
商号|しょうごう
照合|しょうごう
称号|しょうごう
小国|しょうこく
生国|しょうごく
商魂|しょうこ
招魂|しょうこ
商才|しょうさい
小才|しょうさい
詳細|しょうさい
小策|しょうさく
蕭索|しょうさく
小冊|しょうさつ
蕭殺|しょうさつ
勝算|しょうさ
少産|しょうさ
消散|しょうさ
硝酸|しょうさ
称賛|しょうさ
賞賛|しょうさ
少子化|しょうしか
正直|しょうじき
消失|しょうしつ
焼失|しょうしつ
傷者|しょうしゃ
勝者|しょうしゃ
哨舎|しょうしゃ
商社|しょうしゃ
小社|しょうしゃ
照射|しょうしゃ
瀟洒|しょうしゃ
使用者|しようしゃ
精舎|しょうじゃ
小暑|しょうしょ
証書|しょうしょ
詔書|しょうしょ
仕様書|しようしょ
小序|しょうじょ
少女|しょうじょ
昇叙|しょうじょ
生じる|しょうじる
傷心|しょうし
小心|しょうし
小身|しょうし
昇進|しょうし
焼身|しょうし
焦心|しょうし
小人|しょうじ
消尽|しょうじ
焼尽|しょうじ
精進|しょうじ
将帥|しょうすい
小水|しょうすい
憔悴|しょうすい
祥瑞|しょうずい
小数|しょうすう
少数|しょうすう
生ずる|しょうずる
勝勢|しょうせい
将星|しょうせい
小成|しょうせい
小生|しょうせい
招請|しょうせい
笑声|しょうせい
鐘声|しょうせい
硝石|しょうせき
証跡|しょうせき
小節|しょうせつ
小説|しょうせつ
小雪|しょうせつ
章節|しょうせつ
詳説|しょうせつ
商戦|しょうせ
商船|しょうせ
省線|しょうせ
小善|しょうぜ
承前|しょうぜ
悄然|しょうぜ
蕭然|しょうぜ
少壮|しょうそう
尚早|しょうそう
焦燥|しょうそう
肖像|しょうぞう
消息|しょうそく
装束|しょうぞく
将卒|しょうそつ
小隊|しょうたい
招待|しょうたい
正体|しょうたい
商大|しょうだい
唱題|しょうだい
妾宅|しょうたく
小宅|しょうたく
沼沢|しょうたく
承諾|しょうだく
小胆|しょうた
商談|しょうだ
昇段|しょうだ
笑談|しょうだ
小著|しょうちょ
消沈|しょうち
小弟|しょうてい
少弟|しょうてい
小敵|しょうてき
商店|しょうて
小篆|しょうて
昇天|しょうて
焦点|しょうて
召電|しょうで
招電|しょうで
小党|しょうとう
小刀|しょうとう
消灯|しょうとう
商道|しょうどう
唱導|しょうどう
衝動|しょうどう
聳動|しょうどう
生得|しょうとく
聖徳|しょうとく
頌徳|しょうとく
消毒|しょうどく
小都市|しょうとし
衝突|しょうとつ
小難|しょうな
小児科|しょうにか
商人|しょうに
小人|しょうに
承認|しょうに
昇任|しょうに
証人|しょうに
上人|しょうに
聖人|しょうに
使用人|しように
焦熱|しょうねつ
少年|しょうね
小脳|しょうのう
小農|しょうのう
樟脳|しょうのう
笑納|しょうのう
勝敗|しょうはい
賞杯|しょうはい
賞牌|しょうはい
商売|しょうばい
松柏|しょうはく
賞罰|しょうばつ
小藩|しょうは
相伴|しょうば
省筆|しょうひつ
商品|しょうひ
小品|しょうひ
賞品|しょうひ
松風|しょうふう
承服|しょうふく
勝負師|しょうぶし
正札|しょうふだ
菖蒲湯|しょうぶゆ
小文|しょうぶ
性分|しょうぶ
傷兵|しょうへい
将兵|しょうへい
招聘|しょうへい
障壁|しょうへき
牆壁|しょうへき
小別|しょうべつ
小変|しょうへ
小片|しょうへ
小編|しょうへ
掌編|しょうへ
小便|しょうべ
勝報|しょうほう
商法|しょうほう
唱法|しょうほう
詳報|しょうほう
正法|しょうほう
消防|しょうぼう
焼亡|しょうぼう
抄本|しょうほ
正本|しょうほ
小満|しょうま
詳密|しょうみつ
照明|しょうめい
証明|しょうめい
正銘|しょうめい
消滅|しょうめつ
生滅|しょうめつ
正面|しょうめ
消耗|しょうもう
掌紋|しょうも
証文|しょうも
抄訳|しょうやく
生薬|しょうやく
小勇|しょうゆう
従容|しょうよう
商用|しょうよう
小用|しょうよう
小葉|しょうよう
称揚|しょうよう
賞揚|しょうよう
賞用|しょうよう
慫慂|しょうよう
逍遥|しょうよう
小欲|しょうよく
少欲|しょうよく
将来|しょうらい
招来|しょうらい
松籟|しょうらい
照覧|しょうら
笑覧|しょうら
勝率|しょうりつ
聳立|しょうりつ
焦慮|しょうりょ
小輪|しょうり
生類|しょうるい
奨励|しょうれい
症例|しょうれい
省令|しょうれい
瘴癘|しょうれい
鐘楼|しょうろう
抄録|しょうろく
小論|しょうろ
詳論|しょうろ
性悪|しょうわる
初級|しょきゅう
初給|しょきゅう
所業|しょぎょう
所行|しょぎょう
諸行|しょぎょう
職安|しょくあ
職域|しょくいき
職印|しょくい
職員|しょくい
食塩|しょくえ
食言|しょくげ
殖財|しょくざい
食材|しょくざい
贖罪|しょくざい
殖産|しょくさ
職種|しょくしゅ
触手|しょくしゅ
植樹|しょくじゅ
織女|しょくじょ
触診|しょくし
食尽|しょくじ
植生|しょくせい
職制|しょくせい
職責|しょくせき
触接|しょくせつ
食前|しょくぜ
食膳|しょくぜ
燭台|しょくだい
嘱託|しょくたく
食卓|しょくたく
食通|しょくつう
食堂|しょくどう
食道|しょくどう
食肉|しょくにく
職人|しょくに
職能|しょくのう
触媒|しょくばい
触発|しょくはつ
食パ|しょくぱ
食品|しょくひ
植物|しょくぶつ
職分|しょくぶ
食紅|しょくべに
食偏|しょくへ
嘱望|しょくぼう
植民|しょくみ
殖民|しょくみ
職名|しょくめい
植毛|しょくもう
嘱目|しょくもく
食物|しょくもつ
食用|しょくよう
食欲|しょくよく
植林|しょくり
職歴|しょくれき
諸兄姉|しょけいし
諸経費|しょけいひ
しょげ込む|しょげこむ
所在地|しょざいち
所作事|しょさごと
書誌学|しょしがく
所司代|しょしだい
初秋|しょしゅう
所収|しょしゅう
初出|しょしゅつ
初春|しょしゅ
初旬|しょじゅ
書証|しょしょう
書状|しょじょう
処女地|しょじょち
初生児|しょせいじ
暑中|しょちゅう
書中|しょちゅう
初潮|しょちょう
所長|しょちょう
署長|しょちょう
職階|しょっかい
触覚|しょっかく
触角|しょっかく
食客|しょっかく
触感|しょっか
食感|しょっか
食間|しょっか
ショック死|しょっくし
職権|しょっけ
食券|しょっけ
燭光|しょっこう
職工|しょっこう
しょっつる|しょっつる
しょっぱい|しょっぱい
しょっぱな|しょっぱな
しょっぴく|しょっぴく
書道家|しょどうか
初七日|しょなぬか
初七日|しょなのか
緒に就く|しょにつく
初年度|しょねんど
書評|しょひょう
諸費用|しょひよう
しょぼつく|しょぼつく
庶流|しょりゅう
所領|しょりょう
ショルダー|しょるだあ
しょわせる|しょわせる
しょんぼり|しょんぼり
白髪染め|しらがぞめ
白かば派|しらかばは
しらす干し|しらすぼし
白瀬矗|しらせのぶ
白玉粉|しらたまこ
知らぬ顔|しらぬかお
知らぬ間に|しらぬまに
知られざる|しられざる
しらを切る|しらをきる
知らん顔|しらんかお
知らん振り|しらんぷり
しり上がり|しりあがり
しりが来る|しりがくる
しりからげ|しりからげ
しり下がり|しりさがり
しりすぼみ|しりすぼみ
退ける|しりぞける
知り尽くす|しりつくす
しりっぺた|しりっぺた
しりつぼみ|しりつぼみ
しりに敷く|しりにしく
しりぬぐい|しりぬぐい
しりの穴|しりのあな
しりを割る|しりをわる
シリンダー|しりんだあ
シルエット|しるえっと
司令官|しれいか
司令塔|しれいとう
知れ渡る|しれわたる
白うさぎ|しろうさぎ
白がすり|しろがすり
白ぎつね|しろぎつね
四六判|しろくば
白砂糖|しろざとう
白そこひ|しろそこひ
白千鳥|しろちどり
白っぽい|しろっぽい
白なまず|しろなまず
白ひとり|しろひとり
白ワイ|しろわい
しわが寄る|しわがよる
しわがれる|しわがれる
しわくちゃ|しわくちゃ
しわん坊|しわんぼう
新開地|しんかいち
新学期|しんがっき
進化論|しんかろ
審議会|しんぎかい
新紀元|しんきげ
新機軸|しんきじく
心技体|しんぎたい
新旧|しんきゅう
進級|しんきゅう
針灸|しんきゅう
鍼灸|しんきゅう
信教|しんきょう
心境|しんきょう
新教|しんきょう
神橋|しんきょう
神鏡|しんきょう
進境|しんきょう
心経|しんぎょう
新曲|しんきょく
蜃気楼|しんきろう
シングルス|しんぐるす
神経科|しんけいか
震源地|しんげんち
信号旗|しんごうき
信号機|しんごうき
深刻化|しんこくか
新古車|しんこしゃ
審査権|しんさけ
診察衣|しんさつい
信じ込む|しんじこむ
新字体|しんじたい
真実義|しんじつぎ
真実味|しんじつみ
紳士的|しんしてき
伸子張り|しんしばり
紳士服|しんしふく
斟酌|しんしゃく
新秋|しんしゅう
真宗|しんしゅう
神州|しんしゅう
心中|しんじゅう
伸縮|しんしゅく
新出|しんしゅつ
進出|しんしゅつ
滲出|しんしゅつ
針術|しんじゅつ
鍼術|しんじゅつ
新春|しんしゅ
浸潤|しんじゅ
心証|しんしょう
心象|しんしょう
神将|しんしょう
身上|しんしょう
辛勝|しんしょう
信条|しんじょう
心情|しんじょう
真情|しんじょう
身上|しんじょう
進上|しんじょう
侵食|しんしょく
寝食|しんしょく
新色|しんしょく
浸食|しんしょく
神職|しんしょく
神色|しんしょく
紳士録|しんしろく
信心家|しんじんか
新生児|しんせいじ
新世界|しんせかい
親切さ|しんせつさ
真善美|しんぜんび
心臓部|しんぞうぶ
新素材|しんそざい
新体詩|しんたいし
新知識|しんちしき
新着|しんちゃく
心中|しんちゅう
新注|しんちゅう
真鍮|しんちゅう
進駐|しんちゅう
伸張|しんちょう
伸長|しんちょう
慎重|しんちょう
新調|しんちょう
深長|しんちょう
身長|しんちょう
清朝|しんちょう
進捗|しんちょく
シンデレラ|しんでれら
心電図|しんでんず
新天地|しんてんち
神に入る|しんにいる
侵入|しんにゅう
新入|しんにゅう
浸入|しんにゅう
進入|しんにゅう
之繞|しんにゅう
之繞|しんにょう
新年度|しんねんど
審美眼|しんびが
心肥大|しんひだい
審美的|しんびてき
神秘的|しんぴてき
信憑|しんぴょう
心不全|しんふぜ
新聞紙|しんぶんし
新聞屋|しんぶんや
進歩的|しんぽてき
新仏|しんぼとけ
神妙|しんみょう
信頼度|しんらいど
心理学|しんりがく
心理劇|しんりげき
心理的|しんりてき
侵略|しんりゃく
新涼|しんりょう
診療|しんりょう
新緑|しんりょく
深緑|しんりょく
神話学|しんわがく
親和性|しんわせい
信を問う|しんをとう

し|6文字

CIA|しいあいええ
CEO|しいいいおお
シークレット|しいくれっと
シーズンオフ|しいずんおふ
シートベルト|しいとべると
シーラカンス|しいらかんす
シェービング|しぇえびんぐ
塩胡椒|しおこしょう
塩せんべい|しおせんべい
塩の利いた|しおのきいた
四角四面|しかくしめ
四角柱|しかくちゅう
資格を取る|しかくをとる
仕掛け花火|しかけはなび
しかしながら|しかしながら
歯科大学|しかだいがく
仕方がない|しかたがない
仕方なしに|しかたなしに
仕方咄|しかたばなし
しかめっ面|しかめっつら
しかり付ける|しかりつける
しかり飛ばす|しかりとばす
識字力|しきじりょく
嗜虐的|しぎゃくてき
始球式|しきゅうしき
私教育|しきょういく
試供品|しきょうひ
式を挙げる|しきをあげる
至近距離|しきんきょり
シク活用|しくかつよう
死刑囚|しけいしゅう
刺激臭|しげきしゅう
試験地獄|しけんじごく
試行錯誤|しこうさくご
思考力|しこうりょく
仕事納め|しごとおさめ
仕事帰り|しごとがえり
仕事始め|しごとはじめ
子細ありげ|しさいありげ
子細らしい|しさいらしい
視座を据える|しざをすえる
子子孫孫|ししそんそ
獅子奮迅|ししふんじ
四十肩|しじゅうかた
しじゅうから|しじゅうから
四重奏|しじゅうそう
試乗会|しじょうかい
視床下部|ししょうかぶ
死傷者|ししょうしゃ
試乗車|しじょうしゃ
私小説|ししょうせつ
自然科学|しぜんかがく
自然言語|しぜんげんご
自然主義|しぜんしゅぎ
四川省|しせんしょう
自然食|しぜんしょく
自然淘汰|しぜんとうた
示相化石|しそうかせき
下請負|したうけおい
舌が回る|したがまわる
下から出る|したからでる
下唇|したくちびる
下検分|したけんぶ
下ごしらえ|したごしらえ
下準備|したじゅんび
下相談|したそうだ
したたか者|したたかもの
仕立て上がり|したてあがり
仕立て上がる|したてあがる
仕立て上げる|したてあげる
仕立て下ろし|したておろし
仕立て直し|したてなおし
仕立て直す|したてなおす
下手に出る|したでにでる
舌なめずり|したなめずり
下働き|したばたらき
下火になる|したびになる
しだれ桜|しだれざくら
しだれ柳|しだれやなぎ
舌を振るう|したをふるう
七五調|しちごちょう
七七日|しちしちにち
質に入れる|しちにいれる
七八日|しちはちにち
七八人|しちはちに
七福神|しちふくじ
七面倒|しちめんどう
試着室|しちゃくしつ
視聴覚|しちょうかく
視聴者|しちょうしゃ
市町村|しちょうそ
輜重兵|しちょうへい
視聴率|しちょうりつ
膝蓋腱|しつがいけ
膝蓋骨|しつがいこつ
しっかり者|しっかりもの
シッカロール|しっかろおる
失語症|しつごしょう
知ったか振り|しったかぶり
嫉妬深い|しっとぶかい
室内楽|しつないがく
室内灯|しつないとう
失敗談|しっぱいだ
しっぺ返し|しっぺがえし
しっぽを出す|しっぽをだす
しっぽを振る|しっぽをふる
しっぽを巻く|しっぽをまく
執務時間|しつむじか
失明者|しつめいしゃ
質問責め|しつもんぜめ
してやったり|してやったり
してやられる|してやられる
指導力|しどうりょく
しどろもどろ|しどろもどろ
しなを作る|しなをつくる
至難の業|しなんのわざ
死に後れる|しにおくれる
死に学問|しにがくも
死に化粧|しにげしょう
死に損なう|しにそこなう
死に別れる|しにわかれる
しの突く雨|しのつくあめ
忍び返し|しのびがえし
忍びの者|しのびのもの
忍び笑い|しのびわらい
芝居を打つ|しばいをうつ
しばしがほど|しばしがほど
縛り上げる|しばりあげる
縛り付ける|しばりつける
紫班病|しはんびょう
しびれ薬|しびれぐすり
渋民村|しぶたみむら
四分五裂|しぶんごれつ
四分の一|しぶんのいち
司法省|しほうしょう
司法書士|しほうしょし
司法年度|しほうねんど
絞り上げる|しぼりあげる
資本主義|しほんしゅぎ
四本柱|しほんばしら
資本力|しほんりょく
しまいになる|しまいになる
揣摩臆測|しまおくそく
しま織物|しまおりもの
島国的|しまぐにてき
始末が付く|しまつがつく
締まりがない|しまりがない
示し合わす|しめしあわす
下掛かった|しもがかった
しもつけ草|しもつけそう
しゃあしゃあ|しゃあしゃあ
シャーベット|しゃあべっと
謝恩会|しゃおんかい
社会悪|しゃかいあく
社会学|しゃかいがく
社会人|しゃかいじ
社会性|しゃかいせい
社会的|しゃかいてき
社会面|しゃかいめ
しゃがみ込む|しゃがみこむ
しゃがれ声|しゃがれごえ
しゃきしゃき|しゃきしゃき
綽綽|しゃくしゃく
錫杖|しゃくじょう
借地権|しゃくちけ
借地人|しゃくちに
癪の種|しゃくのたね
借用語|しゃくようご
しゃくり泣き|しゃくりなき
借料|しゃくりょう
酌量|しゃくりょう
社交界|しゃこうかい
射倖心|しゃこうし
社交性|しゃこうせい
社交的|しゃこうてき
射殺体|しゃさつたい
写実的|しゃじつてき
写真館|しゃしんか
写真版|しゃしんば
写生文|しゃせいぶ
遮断棒|しゃだんぼう
釈教|しゃっきょう
シャトルバス|しゃとるばす
社内報|しゃないほう
謝肉祭|しゃにくさい
娑婆ふさぎ|しゃばふさぎ
しゃぶしゃぶ|しゃぶしゃぶ
しゃぶり付く|しゃぶりつく
シャボン玉|しゃぼんだま
斜文織り|しゃもんおり
斜陽族|しゃようぞく
社用族|しゃようぞく
しゃら臭い|しゃらくさい
車輪止め|しゃりんどめ
車輪梅|しゃりんばい
しゃれ男|しゃれおとこ
しゃれこうべ|しゃれこうべ
しゃれのめす|しゃれのめす
シャングリラ|しゃんぐりら
しゃんしゃん|しゃんしゃ
シャンデリア|しゃんでりあ
朱印船|しゅいんせ
週刊誌|しゅうかんし
衆議院|しゅうぎい
州議会|しゅうぎかい
周期的|しゅうきてき
集客|しゅうきゃく
蹴球|しゅうきゅう
週休|しゅうきゅう
週給|しゅうきゅう
宗教|しゅうきょう
就業|しゅうぎょう
修業|しゅうぎょう
終業|しゅうぎょう
襲業|しゅうぎょう
醜業|しゅうぎょう
終局|しゅうきょく
終曲|しゅうきょく
終極|しゅうきょく
褶曲|しゅうきょく
周溝墓|しゅうこうぼ
集散地|しゅうさんち
修辞学|しゅうじがく
終止形|しゅうしけい
修辞法|しゅうじほう
執着|しゅうじゃく
しゅうしゅう|しゅうしゅう
収拾|しゅうしゅう
収集|しゅうしゅう
主従|しゅうじゅう
収縮|しゅうしゅく
習熟|しゅうじゅく
周章|しゅうしょう
就床|しゅうしょう
愁傷|しゅうしょう
終章|しゅうしょう
醜状|しゅうじょう
就職|しゅうしょく
修飾|しゅうしょく
愁色|しゅうしょく
秋色|しゅうしょく
就褥|しゅうじょく
終助詞|しゅうじょし
羞恥心|しゅうちし
執着|しゅうちゃく
終着|しゅうちゃく
集中|しゅうちゅう
集注|しゅうちゅう
酋長|しゅうちょう
修道士|しゅうどうし
修道尼|しゅうどうに
収入|しゅうにゅう
周波数|しゅうはすう
衆評|しゅうひょう
集票|しゅうひょう
シューベルト|しゅうべると
収量|しゅうりょう
修了|しゅうりょう
秋涼|しゅうりょう
終了|しゅうりょう
主観性|しゅかんせい
主観的|しゅかんてき
祝賀式|しゅくがしき
縮尺|しゅくしゃく
粛粛|しゅくしゅく
宿将|しゅくしょう
祝勝|しゅくしょう
縮小|しゅくしょう
宿直|しゅくちょく
粛として|しゅくとして
宿場町|しゅくばまち
宿料|しゅくりょう
主計兵|しゅけいへい
修験者|しゅげんじゃ
修験道|しゅげんどう
手工芸|しゅこうげい
主催者|しゅさいしゃ
主産物|しゅさんぶつ
種種相|しゅじゅそう
主人公|しゅじんこう
主成分|しゅせいぶ
酒石酸|しゅせきさ
主戦論|しゅせんろ
主体性|しゅたいせい
主体的|しゅたいてき
出京|しゅっきょう
出郷|しゅっきょう
出勤簿|しゅっきんぼ
出資者|しゅっししゃ
出生|しゅっしょう
出場|しゅつじょう
出色|しゅっしょく
出身地|しゅっしんち
出穂期|しゅっすいき
出生地|しゅっせいち
出世魚|しゅっせうお
出世作|しゅっせさく
出張|しゅっちょう
出超|しゅっちょう
出土品|しゅつどひ
出入|しゅつにゅう
出発地|しゅっぱつち
出漁|しゅつりょう
出猟|しゅつりょう
出力|しゅつりょく
主導権|しゅどうけ
主導者|しゅどうしゃ
シュノーケル|しゅのおける
首謀者|しゅぼうしゃ
撞木形|しゅもくがた
しゅもくざめ|しゅもくざめ
シュリーマ|しゅりいま
シュレッダー|しゅれっだあ
しゅわしゅわ|しゅわしゅわ
朱を入れる|しゅをいれる
春暁|しゅんぎょう
俊秀|しゅんしゅう
春秋|しゅんじゅう
逡巡|しゅんじゅ
春宵|しゅんしょう
春情|しゅんじょう
春色|しゅんしょく
初一念|しょいちね
焼夷弾|しょういだ
小会派|しょうかいは
消化液|しょうかえき
消化剤|しょうかざい
消化腺|しょうかせ
消火栓|しょうかせ
松果体|しょうかたい
しょうがない|しょうがない
しようがない|しようがない
消化薬|しょうかやく
償却|しょうきゃく
消却|しょうきゃく
焼却|しょうきゃく
正客|しょうきゃく
昇級|しょうきゅう
昇給|しょうきゅう
商況|しょうきょう
商業|しょうぎょう
小曲|しょうきょく
消極|しょうきょく
昇降機|しょうこうき
昇降舵|しょうこうだ
聖語蔵|しょうごぞう
小冊子|しょうさっし
笑止がる|しょうしがる
焼死体|しょうしたい
障子張り|しょうじはり
小資本|しょうしほ
小市民|しょうしみ
照尺|しょうしゃく
召集|しょうしゅう
招集|しょうしゅう
消臭|しょうしゅう
小銃|しょうじゅう
抄出|しょうしゅつ
詳述|しょうじゅつ
頌春|しょうしゅ
昇順|しょうじゅ
照準|しょうじゅ
少将|しょうしょう
少少|しょうしょう
蕭蕭|しょうしょう
商状|しょうじょう
小乗|しょうじょう
症状|しょうじょう
賞状|しょうじょう
清浄|しょうじょう
猩猩|しょうじょう
蕭条|しょうじょう
小職|しょうしょく
小食|しょうしょく
少食|しょうしょく
少数派|しょうすうは
小説家|しょうせつか
肖像画|しょうぞうが
消息子|しょうそくし
小中|しょうちゅう
掌中|しょうちゅう
焼酎|しょうちゅう
小腸|しょうちょう
消長|しょうちょう
省庁|しょうちょう
象徴|しょうちょう
詔勅|しょうちょく
小天地|しょうてんち
消毒衣|しょうどくい
少納言|しょうなご
小児麻痺|しょうにまひ
小児薬|しょうにやく
正念場|しょうねんば
小の月|しょうのつき
商売気|しょうばいぎ
消費財|しょうひざい
消費者|しょうひしゃ
消費税|しょうひぜい
商標|しょうひょう
証票|しょうひょう
証憑|しょうひょう
傷病|しょうびょう
商品化|しょうひんか
勝負事|しょうぶごと
小部分|しょうぶぶ
消防衣|しょうぼうい
消防士|しょうぼうし
唱名|しょうみょう
称名|しょうみょう
正面図|しょうめんず
しようもない|しようもない
醤油味|しょうゆあじ
商略|しょうりゃく
省略|しょうりゃく
商量|しょうりょう
小量|しょうりょう
少量|しょうりょう
渉猟|しょうりょう
精霊|しょうりょう
使用料|しようりょう
使用量|しようりょう
省力|しょうりょく
ショーケース|しょおけえす
ショートヘア|しょおとへあ
ショールーム|しょおるうむ
初学者|しょがくしゃ
初感染|しょかんせ
書簡箋|しょかんせ
書簡文|しょかんぶ
暑気当たり|しょきあたり
書記長|しょきちょう
食当たり|しょくあたり
職業|しょくぎょう
食事代|しょくじだい
職掌|しょくしょう
食傷|しょくしょう
嘱託医|しょくたくい
職長|しょくちょう
職に就く|しょくにつく
食文化|しょくぶんか
植民地|しょくみんち
食もたれ|しょくもたれ
食休み|しょくやすみ
食料|しょくりょう
食糧|しょくりょう
しょげ返る|しょげかえる
所在ない|しょざいない
処女作|しょじょさく
処女林|しょじょり
初心者|しょしんしゃ
処世訓|しょせいく
書生部屋|しょせいべや
初対面|しょたいめ
所帯持ち|しょたいもち
食器棚|しょっきだな
食客|しょっきゃく
ショッキング|しょっきんぐ
しょっちゅう|しょっちゅう
ショッピング|しょっぴんぐ
諸等数|しょとうすう
所得税|しょとくぜい
初年兵|しょねんへい
処方箋|しょほうせ
しょぼくれた|しょぼくれた
しょぼくれる|しょぼくれる
しょぼしょぼ|しょぼしょぼ
しょぼたれる|しょぼたれる
しょぼぬれる|しょぼぬれる
庶民的|しょみんてき
庶務係|しょむがかり
所有格|しょゆうかく
所有権|しょゆうけ
所有者|しょゆうしゃ
白白明け|しらしらあけ
白白しい|しらじらしい
知らず知らず|しらずしらず
白茶けた|しらちゃけた
白茶ける|しらちゃける
しらばくれる|しらばくれる
しらみつぶし|しらみつぶし
しりが重い|しりがおもい
しりが軽い|しりがかるい
しりが据わる|しりがすわる
しりが長い|しりがながい
しりが割れる|しりがわれる
しり毛を抜く|しりげをぬく
しりすぼまり|しりすぼまり
しりはしょり|しりはしょり
支離滅裂|しりめつれつ
資料館|しりょうか
資料室|しりょうしつ
思慮深い|しりょぶかい
しりを上げる|しりをあげる
しりを据える|しりをすえる
しりをぬぐう|しりをぬぐう
私利をはかる|しりをはかる
しりをまくる|しりをまくる
シルクハット|しるくはっと
シルクロード|しるくろおど
しるしがある|しるしがある
験がある|しるしがある
印ばかり|しるしばかり
シルバーパス|しるばあぱす
しろつめ草|しろつめくさ
白ナンバー|しろなんばあ
しわを伸ばす|しわをのばす
しわを寄せる|しわをよせる
死を賜る|しをたまわる
刺を通じる|しをつうじる
親衛隊|しんえいたい
深海魚|しんかいぎょ
神学校|しんがっこう
新幹線|しんかんせ
辛気臭い|しんきくさい
心気症|しんきしょう
親近感|しんきんか
真空管|しんくうか
シンクタンク|しんくたんく
シングル幅|しんぐるはば
シングル盤|しんぐるば
神経ガス|しんけいがす
神経系|しんけいけい
神経質|しんけいしつ
神経戦|しんけいせ
神経痛|しんけいつう
神経網|しんけいもう
震源域|しんげんいき
新建材|しんけんざい
信号音|しんごうお
信仰者|しんこうしゃ
深呼吸|しんこきゅう
申告漏れ|しんこくもれ
診察券|しんさつけ
診察室|しんさつしつ
新参者|しんざんもの
シンジケート|しんじけえと
真実性|しんじつせい
唇歯輔車|しんしほしゃ
真珠貝|しんじゅがい
進取的|しんしゅてき
新所帯|しんじょたい
新書判|しんしょば
新人王|しんじんおう
親水性|しんすいせい
深成岩|しんせいが
申請書|しんせいしょ
新生層|しんせいそう
新生代|しんせいだい
新生面|しんせいめ
新設校|しんせつこう
振顫麻痺|しんせんまひ
震顫麻痺|しんせんまひ
深層水|しんそうすい
新装版|しんそうば
心臓麻痺|しんぞうまひ
寝台券|しんだいけ
寝台車|しんだいしゃ
新体制|しんたいせい
新体操|しんたいそう
新大陸|しんたいりく
シンタックス|しんたっくす
浸透圧|しんとうあつ
振動音|しんどうお
振動数|しんどうすう
シンドローム|しんどろおむ
真に迫る|しんにせまる
新任者|しんにんしゃ
心配顔|しんぱいがお
シンパサイザー|しんぱいざあ
心配ない|しんぱいない
心張り棒|しんばりぼう
審判官|しんぱんか
真犯人|しんはんに
シンビジウム|しんびじうむ
シンフォニー|しんふぉにい
新聞王|しんぶんおう
新聞学|しんぶんがく
新聞紙|しんぶんがみ
新聞記事|しんぶんきじ
新聞社|しんぶんしゃ
真分数|しんぶんすう
新聞種|しんぶんだね
シンポジウム|しんぽじうむ
シンボリック|しんぼりっく
シンメトリー|しんめとりい
真面目|しんめんぼく
真面目|しんめんもく
信用貸し|しんようがし
針葉樹|しんようじゅ
信頼性|しんらいせい
心理主義|しんりしゅぎ
森林浴|しんりんよく
親和力|しんわりょく

し|7文字

思案投げ首|しあんなげくび
思案に余る|しあんにあまる
思案に暮れる|しあんにくれる
シーズン中|しいずんちゅう
シーソーゲーム|しいそおげえむ
仕打ちを受ける|しうちをうける
シェークスピア|しぇえくすぴあ
塩辛とんぼ|しおからとんぼ
しかつめらしい|しかつめらしい
死活問題|しかつもんだい
しかのみならず|しかのみならず
士官学校|しかんがっこう
敷居が高い|しきいがたかい
敷居をまたぐ|しきいをまたぐ
識別力|しきべつりょく
刺激を受ける|しげきをうける
試験管立て|しけんかんたて
死後硬直|しごこうちょく
視察旅行|しさつりょこう
師資相承|ししそうしょう
指示代名詞|しじだいめいし
死屍にむち打つ|ししにむちうつ
四捨五入|ししゃごにゅう
四十九日|しじゅうくにち
四十七士|しじゅうしちし
四十八手|しじゅうはって
歯周病|ししゅうびょう
示準化石|しじゅんかせき
支障がある|ししょうがある
指数関数|しすうかんすう
静まり返る|しずまりかえる
自然気胸|しぜんききょう
自然選択|しぜんせんたく
自然地理学|しぜんちりがく
自然堤防|しぜんていぼう
自然発生|しぜんはっせい
歯槽膿漏|しそうのうろう
四則計算|しそくけいさ
次第次第に|しだいしだいに
したい放題|したいほうだい
下請に出す|したうけにだす
下地クリーム|したじくりいむ
しだ植物|しだしょくぶつ
滴り落ちる|したたりおちる
下積みになる|したづみになる
七言絶句|しちごんぜっく
七難八苦|しちなんはっく
七八十|しちはちじゅう
七八百|しちはっぴゃく
七面鳥|しちめんちょう
七曜表|しちようひょう
質疑応答|しつぎおうとう
失業者|しつぎょうしゃ
失業率|しつぎょうりつ
しっくりしない|しっくりしない
執行停止|しっこうていし
執行猶予|しっこうゆうよ
櫛風沐雨|しっぷうもくう
しっぺい返し|しっぺいがえし
しっぽをつかむ|しっぽをつかむ
シティーホテル|してぃいほてる
指導要目|しどうようもく
品切れになる|しなぎれになる
しなだれ掛かる|しなだれかかる
死に装束|しにしょうぞく
死に水を取る|しにみずをとる
死に物狂い|しにものぐるい
シネマスコープ|しねますこおぷ
しのぎを削る|しのぎをけずる
死の商人|しのしょうに
師範学校|しはんがっこう
しびれが切れる|しびれがきれる
しびれを切らす|しびれをきらす
シフォンケーキ|しふぉんけえき
私腹を肥やす|しふくをこやす
四方八方|しほうはっぽう
始末を付ける|しまつをつける
市民革命|しみんかくめい
示し合わせる|しめしあわせる
下女中|しもじょちゅう
シャーマニズム|しゃあまにずむ
社員証|しゃいんしょう
社員寮|しゃいんりょう
社会科学|しゃかいかがく
社会主義|しゃかいしゅぎ
社会正義|しゃかいせいぎ
社会の窓|しゃかいのまど
社会福祉|しゃかいふくし
社会復帰|しゃかいふっき
社会奉仕|しゃかいほうし
社会保険|しゃかいほけ
赤銅色|しゃくどういろ
尺取り虫|しゃくとりむし
癪に障る|しゃくにさわる
しゃくり上げる|しゃくりあげる
社交クラブ|しゃこうくらぶ
社交ダンス|しゃこうだんす
写実主義|しゃじつしゅぎ
しゃしゃり出る|しゃしゃりでる
写真映り|しゃしんうつり
写真集|しゃしんしゅう
しゃちほこ立ち|しゃちほこだち
しゃちほこ張る|しゃちほこばる
車中談|しゃちゅうだ
社長室|しゃちょうしつ
尺貫法|しゃっかんほう
シャットアウト|しゃっとあうと
シャッポを脱ぐ|しゃっぽをぬぐ
斜に構える|しゃにかまえる
しゃべり立てる|しゃべりたてる
しゃべり散らす|しゃべりちらす
しゃべりまくる|しゃべりまくる
しゅうかいどう|しゅうかいどう
収穫物|しゅうかくぶつ
就学率|しゅうがくりつ
周期表|しゅうきひょう
祝儀袋|しゅうぎぶくろ
宗教家|しゅうきょうか
宗教画|しゅうきょうが
シュークリーム|しゅうくりいむ
集合論|しゅうごうろ
収集家|しゅうしゅうか
習熟度|しゅうじゅくど
修飾語|しゅうしょくご
囚人服|しゅうじんふく
修正案|しゅうせいあ
集積材|しゅうせきざい
集大成|しゅうたいせい
袖珍本|しゅうちんぼ
終電車|しゅうでんしゃ
修道院|しゅうどうい
修道女|しゅうどうじょ
修道僧|しゅうどうそう
集配車|しゅうはいしゃ
終盤戦|しゅうばんせ
秋分点|しゅうぶんて
秋分の日|しゅうぶんのひ
周辺機器|しゅうへんきき
収容所|しゅうようじょ
終列車|しゅうれっしゃ
祝祭日|しゅくさいじつ
縮刷版|しゅくさつば
縮瞳薬|しゅくどうやく
縮約形|しゅくやくけい
手工業|しゅこうぎょう
種種雑多|しゅじゅざった
手術室|しゅじゅつしつ
衆生界|しゅじょうかい
首唱者|しゅしょうしゃ
酒池肉林|しゅちにくり
出演者|しゅつえんしゃ
宿根草|しゅっこんそう
出札口|しゅっさつぐち
出産率|しゅっさんりつ
出生地|しゅっしょうち
出身校|しゅっしんこう
出身者|しゅっしんしゃ
出水管|しゅっすいか
出生率|しゅっせいりつ
出世払い|しゅっせばらい
出発点|しゅっぱつて
出版界|しゅっぱんかい
出版社|しゅっぱんしゃ
出版物|しゅっぱんぶつ
シュバイツェル|しゅばいつぇる
趣味が悪い|しゅみがわるい
修羅を燃やす|しゅらをもやす
手榴弾|しゅりゅうだ
狩猟民|しゅりょうみ
主力株|しゅりょくかぶ
主力艦|しゅりょくか
瞬間的|しゅんかんてき
春分点|しゅんぶんて
春分の日|しゅんぶんのひ
書院造り|しょいんづくり
昇圧剤|しょうあつざい
消炎剤|しょうえんざい
障害者|しょうがいしゃ
紹介所|しょうかいじょ
傷害致死|しょうがいちし
障害物|しょうがいぶつ
消化器官|しょうかきか
奨学金|しょうがくき
小学生|しょうがくせい
唱歌集|しょうかしゅう
小学校|しょうがっこう
小企業|しょうきぎょう
将棋倒し|しょうぎだおし
正気になる|しょうきになる
小休止|しょうきゅうし
商業地|しょうぎょうち
小京都|しょうきょうと
消去法|しょうきょほう
将棋を指す|しょうぎをさす
賞金王|しょうきんおう
照空灯|しょうくうとう
象形文字|しょうけいもじ
衝撃音|しょうげきお
衝撃的|しょうげきてき
昇降口|しょうこうぐち
症候群|しょうこうぐ
猩紅熱|しょうこうねつ
少国民|しょうこくみ
証拠立てる|しょうこだてる
証拠付ける|しょうこづける
招じ入れる|しょうじいれる
正直者|しょうじきもの
照準器|しょうじゅんき
精進揚げ|しょうじんあげ
小人物|しょうじんぶつ
小身者|しょうしんもの
小数点|しょうすうて
少数党|しょうすうとう
消石灰|しょうせっかい
小前提|しょうぜんてい
正倉院|しょうそうい
肖像権|しょうぞうけ
消息筋|しょうそくすじ
消息通|しょうそくつう
消息文|しょうそくぶ
松竹梅|しょうちくばい
承知しない|しょうちしない
承知の助|しょうちのすけ
象徴派|しょうちょうは
商店街|しょうてんがい
衝動買い|しょうどうがい
少糖類|しょうとうるい
消毒剤|しょうどくざい
消毒薬|しょうどくやく
商取引|しょうとりひき
小児病|しょうにびょう
少年院|しょうねんい
少年団|しょうねんだ
商売柄|しょうばいがら
商売人|しょうばいに
商品券|しょうひんけ
商品名|しょうひんめい
勝負が付く|しょうぶがつく
正札付き|しょうふだつき
勝負強い|しょうぶづよい
消防車|しょうぼうしゃ
消防署|しょうぼうしょ
枝葉末節|しようまっせつ
証明書|しょうめいしょ
消耗戦|しょうもうせ
消耗品|しょうもうひ
商用車|しょうようしゃ
商用文|しょうようぶ
将来性|しょうらいせい
鐘楼守|しょうろうもり
小惑星|しょうわくせい
ショートカット|しょおとかっと
ショートケーキ|しょおとけえき
ショートニング|しょおとにんぐ
ショートホール|しょおとほおる
ショービジネス|しょおびじねす
ショービニスム|しょおびにすむ
書簡集|しょかんしゅう
職員室|しょくいんしつ
職員録|しょくいんろく
食塩水|しょくえんすい
職業科|しょくぎょうか
食事中|しょくじちゅう
織女星|しょくじょせい
食生活|しょくせいかつ
食前酒|しょくぜんしゅ
食卓塩|しょくたくえ
食堂車|しょくどうしゃ
食道楽|しょくどうらく
職人芸|しょくにんげい
職人肌|しょくにんはだ
食品学|しょくひんがく
植物園|しょくぶつえ
植物学|しょくぶつがく
植物体|しょくぶつたい
植物帯|しょくぶつたい
植物的|しょくぶつてき
書籍コード|しょせきこおど
所帯染みる|しょたいじみる
所帯道具|しょたいどうぐ
所帯やつれ|しょたいやつれ
所帯をもつ|しょたいをもつ
食器洗い|しょっきあらい
初任給|しょにんきゅう
所要時間|しょようじか
白河夜船|しらかわよふね
白川夜船|しらかわよふね
知らぬが仏|しらぬがほとけ
しり馬に乗る|しりうまにのる
しり切れとんぼ|しりきれとんぼ
私立学校|しりつがっこう
市立大学|しりつだいがく
私立大学|しりつだいがく
しりっぱしょり|しりっぱしょり
しりに火が付く|しりにひがつく
しり目に掛ける|しりめにかける
しりもちをつく|しりもちをつく
資料集|しりょうしゅう
しりをからげる|しりをからげる
しりをはしょる|しりをはしょる
しりを持ち込む|しりをもちこむ
印半纏|しるしばんて
印を付ける|しるしをつける
シルバーシート|しるばあしいと
知る人ぞ知る|しるひとぞしる
四六時中|しろくじちゅう
白装束|しろしょうぞく
震駭させる|しんがいさせる
心が疲れる|しんがつかれる
新仮名遺い|しんかなづかい
新感覚派|しんかんかくは
震撼させる|しんかんさせる
心機一転|しんきいって
真行草|しんぎょうそう
真空パック|しんくうぱっく
シングルベッド|しんぐるべっど
シングルマッチ|しんぐるまっち
シンクロナイズ|しんくろないず
神経過敏|しんけいかび
神経症|しんけいしょう
信玄袋|しんげんぶくろ
真骨頂|しんこっちょう
真言宗|しんごんしゅう
診察料|しんさつりょう
身障者|しんしょうしゃ
心情的|しんじょうてき
新情報|しんじょうほう
新進気鋭|しんしんきえい
心身症|しんしんしょう
信心深い|しんじんぶかい
シンセサイザー|しんせさいざあ
神仙思想|しんせんしそう
心臓病|しんぞうびょう
身代限り|しんだいかぎり
身体検査|しんたいけんさ
身体髪膚|しんたいはっぷ
真鍮色|しんちゅういろ
進駐軍|しんちゅうぐ
身長計|しんちょうけい
寝殿造り|しんでんづくり
震天動地|しんてんどうち
真に迫った|しんにせまった
侵入者|しんにゅうしゃ
新入生|しんにゅうせい
新入幕|しんにゅうまく
信任状|しんにんじょう
心配性|しんぱいしょう
深発地震|しんぱつじし
信憑性|しんぴょうせい
新聞記者|しんぶんきしゃ
辛抱強い|しんぼうづよい
シンボルマーク|しんぼるまあく
新村出|しんむらいずる
信用金庫|しんようきんこ
侵略者|しんりゃくしゃ
診療所|しんりょうじょ
森林地帯|しんりんちたい
心霊術|しんれいじゅつ
辛労辛苦|しんろうしんく

し|8文字

CDR|しいでぃいあある
歯牙にも掛けない|しがにもかけない
色彩感覚|しきさいかんかく
子宮筋腫|しきゅうきんしゅ
子細に及ばず|しさいにおよばず
死して余栄有り|ししてよえいあり
紫綬褒章|しじゅほうしょう
市場調査|しじょうちょうさ
至上命令|しじょうめいれい
システム工学|しすてむこうがく
咫尺を弁ぜず|しせきをべんぜず
自然環境|しぜんかんきょう
自然現象|しぜんげんしょう
自然食品|しぜんしょくひ
肢体不自由児|したいふじゆうじ
下心がある|したごころがある
舌先三寸|したさきさんず
舌触りのよい|したざわりのよい
舌鼓を打つ|したつづみをうつ
下にも置かない|したにもおかない
七十二候|しちじゅうにこう
七転八倒|しちてんばっとう
七味とうがらし|しちみとうがらし
市中銀行|しちゅうぎんこう
四柱推命|しちゅうすいめい
シチュエーショ|しちゅええしょ
質実剛健|しつじつごうけ
失笑を買う|しっしょうをかう
疾風迅雷|しっぷうじんらい
卓袱料理|しっぽくりょうり
視点を定める|してんをさだめる
指導要領|しどうようりょう
シナリオライター|しなりおらいたあ
士農工商|しのうこうしょう
支配階級|しはいかいきゅう
四百四病|しひゃくしびょう
渋皮がはげる|しぶかわがはげる
渋沢栄一|しぶさわえいいち
島崎藤村|しまざきとうそ
シミュレーショ|しみゅれえしょ
市民権を得る|しみんけんをえる
示しがつかない|しめしがつかない
シャープペンシル|しゃあぷぺんしる
社会運動|しゃかいうんどう
社会工学|しゃかいこうがく
社会事業|しゃかいじぎょう
社会生活|しゃかいせいかつ
社会通念|しゃかいつうね
社会保障|しゃかいほしょう
社会問題|しゃかいもんだい
杓子定規|しゃくしじょうぎ
車庫証明|しゃこしょうめい
洒洒落落|しゃしゃらくらく
車上荒らし|しゃじょうあらし
写真電送|しゃしんでんそう
写真判定|しゃしんはんてい
社団法人|しゃだんほうじ
斜張橋|しゃちょうきょう
しゃっくりが出る|しゃっくりがでる
しゃなりしゃなり|しゃなりしゃなり
周回遅れ|しゅうかいおくれ
収穫量|しゅうかくりょう
衆寡敵せず|しゅうかてきせず
習慣付ける|しゅうかんづける
宗教界|しゅうきょうかい
宗教学|しゅうきょうがく
宗教的|しゅうきょうてき
集計表|しゅうけいひょう
終始一貫|しゅうしいっか
終止符を打つ|しゅうしふをうつ
就職口|しゅうしょくぐち
就職先|しゅうしょくさき
就職難|しゅうしょくな
衆人環視|しゅうじんかんし
終生の友|しゅうせいのとも
集積回路|しゅうせきかいろ
周旋業|しゅうせんぎょう
終着駅|しゅうちゃくえき
終着点|しゅうちゃくて
集中的|しゅうちゅうてき
収入役|しゅうにゅうやく
執念深い|しゅうねんぶかい
秋波を送る|しゅうはをおくる
愁眉を開く|しゅうびをひらく
主客転倒|しゅかくてんとう
宿泊料|しゅくはくりょう
主権在民|しゅけんざいみ
種子植物|しゅししょくぶつ
取捨選択|しゅしゃせんたく
種種様様|しゅじゅさまざま
出演料|しゅつえんりょう
出生率|しゅっしょうりつ
出生届|しゅっせいとどけ
出張所|しゅっちょうじょ
出入国|しゅつにゅうこく
シュノーケル車|しゅのおけるしゃ
朱筆を入れる|しゅひつをいれる
シュプレヒコール|しゅぷれひこおる
シュラーフザック|しゅらあふざっく
瞬発力|しゅんぱつりょく
省エネルギー|しょうえねるぎい
障害がある|しょうがいがある
障害になる|しょうがいになる
傷害保険|しょうがいほけ
商科大学|しょうかだいがく
正月映画|しょうがつえいが
商慣習|しょうかんしゅう
正気に返る|しょうきにかえる
商業都市|しょうぎょうとし
消極的|しょうきょくてき
商工業|しょうこうぎょう
しょうことなしに|しょうことなしに
証拠文書|しょうこぶんしょ
性懲りもなく|しょうこりもなく
小柴胡湯|しょうさいことう
勝算が立つ|しょうさんがたつ
笑止千万|しょうしせんば
消臭剤|しょうしゅうざい
召集兵|しょうしゅうへい
しょうじょうばえ|しょうじょうばえ
清浄無垢|しょうじょうむく
少女好み|しょうじょごのみ
小中高|しょうちゅうこう
象徴的|しょうちょうてき
焦点距離|しょうてんきょり
聖徳太子|しょうとくたいし
鍾乳石|しょうにゅうせき
鍾乳洞|しょうにゅうどう
焦熱地獄|しょうねつじごく
商売敵|しょうばいがたき
消波ブロック|しょうはぶろっく
消費生活|しょうひせいかつ
焦眉の急|しょうびのきゅう
傷病兵|しょうびょうへい
勝負を付ける|しょうぶをつける
消防庁|しょうぼうちょう
証明力|しょうめいりょく
正面切った|しょうめんきった
正面切って|しょうめんきって
少欲知足|しょうよくちそく
将来のある|しょうらいのある
昭和一けた|しょうわひとけた
ショーウインドー|しょおういんどお
ショートショート|しょおとしょおと
諸葛孔明|しょかつこうめい
職員会議|しょくいんかいぎ
職業人|しょくぎょうじ
職業別|しょくぎょうべつ
食指が動く|しょくしがうごく
食傷気味|しょくしょうぎみ
食中毒|しょくちゅうどく
職人かたぎ|しょくにんかたぎ
職務質問|しょくむしつも
食物連鎖|しょくもつれんさ
食用がえる|しょくようがえる
食糧難|しょくりょうな
食料品|しょくりょうひ
職を奉ずる|しょくをほうずる
所所方方|しょしょほうぼう
暑中見舞い|しょちゅうみまい
ショックを受ける|しょっくをうける
しょよまんじゅう|しょよまんじゅう
書類送検|しょるいそうけ
ショルダーバッグ|しょるだあばっぐ
白羽の矢が立つ|しらはのやがたつ
しりがあたたまる|しりがあたたまる
しり癖が悪い|しりくせがわるい
死力を尽くす|しりょくをつくす
シリンダー錠|しりんだあじょう
白い歯を見せる|しろいはをみせる
素人考え|しろうとかんがえ
白黒を決める|しろくろをきめる
しろながす鯨|しろながすくじら
辛亥革命|しんがいかくめい
新機軸を出す|しんきじくをだす
新規まき直し|しんきまきなおし
新規蒔き直し|しんきまきなおし
心筋梗塞|しんきんこうそく
神経細胞|しんけいさいぼう
神経に障る|しんけいにさわる
心血を注ぐ|しんけつをそそぐ
真剣勝負|しんけんしょうぶ
進行方向|しんこうほうこう
信号を送る|しんごうをおくる
シンコペーショ|しんこぺえしょ
新婚旅行|しんこんりょこう
辛酸をなめる|しんさんをなめる
紳士協定|しんしきょうてい
真珠婚式|しんじゅこんしき
神出鬼没|しんしゅつきぼつ
親書を送る|しんしょをおくる
心神喪失|しんしんそうしつ
新石器時代|しんせっきじだい
心臓が強い|しんぞうがつよい
心臓が弱い|しんぞうがよわい
進退窮まる|しんたいきわまる
死んだ気になって|しんだきになって
新陳代謝|しんちんたいしゃ
しんねりむっつり|しんねりむっつり
新聞配達|しんぶんはいたつ
深謀遠慮|しんぼうえんりょ
新約聖書|しんやくせいしょ
針葉樹林|しんようじゅり
森羅万象|しんらばんしょう
心理言語学|しんりげんごがく
診療科目|しんりょうかもく
心療内科|しんりょうないか
深慮遠謀|しんりょえんぼう
心理療法|しんりりょうほう
親類付き合い|しんるいづきあい
心霊写真|しんれいしゃし

し|9文字

しかばねにむち打つ|しかばねにむちうつ
自然人類学|しぜんじんるいがく
失業対策|しつぎょうたいさく
失政を重ねる|しっせいをかさねる
資本家階級|しほんかかいきゅう
島国根性|しまぐにこんじょう
下二段活用|しもにだんかつよう
社員教育|しゃいんきょういく
社会教育|しゃかいきょういく
社会言語学|しゃかいげんごがく
社会心理学|しゃかいしんりがく
社会福祉学|しゃかいふくしがく
シャドーボクシング|しゃどおぼくしんぐ
修学旅行|しゅうがくりょこう
周期律表|しゅうきりつひょう
集合写真|しゅうごうしゃし
収集狂|しゅうしゅうきょう
袖手傍観|しゅうしゅぼうか
秋霜烈日|しゅうそうれつじつ
集団検診|しゅうだんけんし
集中豪雨|しゅうちゅうごうう
集中砲火|しゅうちゅうほうか
集中力|しゅうちゅうりょく
収入印紙|しゅうにゅういんし
収入のよい|しゅうにゅうのよい
終末医療|しゅうまついりょう
シュールレアリスム|しゅうるれありすむ
就労年月|しゅうろうねんげつ
主客転倒|しゅきゃくてんとう
祝杯を挙げる|しゅくはいをあげる
出生届|しゅっしょうとどけ
出処進退|しゅっしょしんたい
出藍の誉れ|しゅつらんのほまれ
春夏秋冬|しゅんかしゅうとう
春機発動期|しゅんきはつどうき
春秋に富む|しゅんじゅうにとむ
春風駘蕩|しゅんぷうたいとう
商業主義|しょうぎょうしゅぎ
衝撃を受ける|しょうげきをうける
証券会社|しょうけんがいしゃ
盛者必衰|しょうじゃひっすい
しょうじょうばかま|しょうじょうばかま
小心翼翼|しょうしんよくよく
精進料理|しょうじんりょうり
少数民族|しょうすうみんぞく
掌中の玉|しょうちゅうのたま
祥月命日|しょうつきめいにち
衝動が起こる|しょうどうがおこる
消防用水|しょうぼうようすい
照葉樹林|しょうようじゅり
精霊流し|しょうりょうながし
しょうりょうばった|しょうりょうばった
生老病死|しょうろうびょうし
諸行無常|しょぎょうむじょう
職員組合|しょくいんくみあい
職業病|しょくぎょうびょう
触手を伸ばす|しょくしゅをのばす
食餌療法|しょくじりょうほう
嘱託殺人|しょくたくさつじ
食糧庁|しょくりょうちょう
食料品屋|しょくりょうひんや
初等教育|しょとうきょういく
白羽の矢を立てる|しらはのやをたてる
シルバー産業|しるばあさんぎょう
新紀元を開く|しんきげんをひらく
神経衰弱|しんけいすいじゃく
信賞必罰|しんしょうひつばつ
針小棒大|しんしょうぼうだい
心神耗弱|しんしんこうじゃく
身体障害|しんたいしょうがい
新入社員|しんにゅうしゃい
しんにゅうを掛ける|しんにゅうをかける
新聞週間|しんぶんしゅうか
心霊現象|しんれいげんしょう

し|10文字

シークレットサービス|しいくれっとさあびす
シェービングクリーム|しぇえびんぐくりいむ
視覚障害者|しかくしょうがいしゃ
獅子身中の虫|しししんちゅうのむし
資本主義社会|しほんしゅぎしゃかい
下一段活用|しもいちだんかつよう
社会保険庁|しゃかいほけんちょう
写真映りのよい|しゃしんうつりのよい
宗教音楽|しゅうきょうおんがく
宗教改革|しゅうきょうかいかく
宗教戦争|しゅうきょうせんそう
宗教法人|しゅうきょうほうじ
集合住宅|しゅうごうじゅうたく
周章狼狽|しゅうしょうろうばい
集注攻撃|しゅうちゅうこうげき
集約農業|しゅうやくのうぎょう
手中に収める|しゅちゅうにおさめる
主導権を握る|しゅどうけんをにぎる
春秋戦国|しゅんじゅうせんごく
生涯学習|しょうがいがくしゅう
生涯教育|しょうがいきょういく
障害競走|しょうがいきょうそう
商業音楽|しょうぎょうおんがく
商業学校|しょうぎょうがっこう
少女小説|しょうじょしょうせつ
正真正銘|しょうしんしょうめい
正面衝突|しょうめんしょうとつ
食膳に上せる|しょくぜんにのぼせる
食品添加物|しょくひんてんかぶつ
食料品店|しょくりょうひんて
所定内賃金|しょていないちんぎ
知らず知らずのうちに|しらずしらずのうちに
知らぬ顔の半兵衛|しらぬかおのはんべえ
心境小説|しんきょうしょうせつ
新興宗教|しんこうしゅうきょう
心魂を傾ける|しんこんをかたむける
神前結婚式|しんぜんけっこんしき

し|11文字

CGS単位系|しいじいえすたんいけい
資源エネルギー庁|しげんえねるぎぃちょう
システムコンポーネント|しすてむこんぽおねんと
視聴覚教育|しちょうかくきょういく
シビリアンコントロール|しびりあんこんとろおる
社会福祉法人|しゃかいふくしほうじ
証券取引所|しょうけんとりひきじょ
小成に安んずる|しょうせいにやすんずる
商品取引所|しょうひんとりひきじょ
ショートトラックレース|しょおととらっくれえす
職業教育|しょくぎょうきょういく
職業集団|しょくぎょうしゅうだ
食虫植物|しょくちゅうしょくぶつ
食品衛生学|しょくひんえいせいがく
身体障害者|しんたいしょうがいしゃ

し|12文字

宗教社会学|しゅうきょうしゃかいがく
集中治療室|しゅうちゅうちりょうしつ
障害物競走|しょうがいぶつきょうそう
職業安定所|しょくぎょうあんていじょ
心臓に毛が生えている|しんぞうにけがはえている
心胆を寒からしめる|しんたんをさむからしめる

し|13文字

シンクロナイズドスイミング|しんくろないずどすいみんぐ

し|14文字

司法試験管理委員会|しほうしけんかんりいいんかい

し|15文字

進行性筋ジストロフィー|しんこうせいきんじすとろふぃい

タイトルとURLをコピーしました